ヴァン・ヴィヴァンヴァン・ヴィヴァン

ヴァン・ヴィヴァンヴァン・ヴィヴァン

トップへ戻る

ロンバルディア / 伊

テヌータ・ベルヴェデーレ / 
TENUTA BELVEDERE

テヌータ・ベルヴェデーレ

テヌータ・ベルヴェデレは、ロンバルディア州南西部のパヴィアから南へ約35キロ、モンテカルヴォ・ヴェルシッジャ村にある小さな家族経営のワイナリー。ベルヴェデレは、かつて村の自治体の一部であったことからこの名前が付けられ、同時にサルキ・パストゥレンツィ家が19世紀後半に購入しブドウ栽培を始めたドメーヌの名前でもある。
初めは、家族や友人のためのワイン造りをしていたが、時を経て単に情熱だったものが、プロの仕事へと移り変わった。第二次世界大戦後、農場のワイン生産に転機をもたらしたのはマリオ・パストゥレンツィ。高品質の製品を作ることを目標に、土地の所有権はゆっくりと拡大され、古いブドウ畑は何度も植え替えられた。
マリオの死後、2004年には妻のマリア・ルイサ・サルキが農場を管理。30代のジャンルーカ・カブリーニはマリア・ルイサの孫娘フェデリカと結婚して家族の一員となった。ジャンルーカは2013年に長年勤めていた自動車業界を離れ、ワイン造り、そしてこの土地への情熱に専念することを決意し、現在に至る。

現当主ジャンルーカは、地元の伝統に属するブドウ品種だけを生産。その品種はライン・リースリング(リースリング・レナーノ)、リースリング・イタリコ(ヴェルシュリースリング)、ピノ・グリージョ、そして赤ワインのクロアティーナ(ボナルダ)、バルベーラ、ウーヴァ・ラーラ、ピノ・ネロ。国際品種を含むが、それも1850年からこの地に植えられ、土地の条件に完全に適応している。クロアティーナはドルチェットに似た特徴を持っており、フルーティーで色が濃く、タンニンが穏やかで瓶内熟成に適したワインができる。

テヌータ・ベルヴェデーレのワインテヌータ・ベルヴェデーレのワイン

ピノ・ネロ(PINOT NERO)

産地
イタリア ロンバルディア
種類
品質分類・原産地呼称
PROVINICIA DI PAVIA I.G.T.
コメント
◆ピノ・ネロ100%

平均樹齢約40年。石灰粘土質土壌、南向きの畑。標高300mと、所有する畑の中で高いエリアに位置。手摘み収穫。破砕する際はブドウ粒の約2割を潰さない。マセラシオンは27℃で約10-12日。コンクリートタンクで発酵後、そのまま約30ヶ月熟成。フィルター無。瓶詰め後、約10ヶ月熟成を行う。

非常に力強いルビー色。チェリーと赤い果実の力強いアロマ。フレッシュな口当たり。セメントで醸造する事によりこのブドウの特徴を活かしている。
ピノ・ネロ

”ワイ” ロッソ("WAI" ROSSO)

産地
イタリア ロンバルディア
種類
赤泡
品質分類・原産地呼称
PROVINICIA DI PAVIA I.G.T.
コメント
◆クロアティーナ50% バルベーラ25% ピノ・ネロ25%

平均樹齢クロアティーナ/バルベーラ約60年 ピノ・ネロ約40年。石灰粘土質土壌、西向きの畑。手摘み収穫したブドウで造る瓶内二次発酵のフリッツァンテ。除梗し、破砕する際はブドウ粒の約2割を潰さない。コンクリートタンクで約12日マセラシオン、ステンレスタンクで約18か月熟成。フィルター無。瓶詰め後16ヶ月瓶内二次発酵、熟成を行う。SO添加ナシ。

紫がかった深いルビーレッド色。酵母のアタックから、ブラックチェリーとプラムの香り。適度なタンニンを含み、古くから続くこの土地を表現する繊細さと持続性のある味わい。
”ワイ” ロッソ

”ワイ” ビアンコ("WAI" BIANCO)

産地
イタリア ロンバルディア
種類
白泡
品質分類・原産地呼称
PROVINICIA DI PAVIA I.G.T.
コメント
◆ピノ・ネロ70% リースリング・イタリコ30%

平均樹齢約25年。石灰粘土質土壌、北西向きの畑。手摘み収穫したブドウで造る瓶内二次発酵のフリッツァンテ。ステンレスタンクで発酵後、そのまま約7ヶ月熟成。フィルター無。瓶詰め後、約9ヶ月瓶内二次発酵、熟成を行う。

柔らかな桃色、きめ細やかで粘りのある泡立ちが特徴のワイン。白い果実味と白胡椒の軽やかな香り、そこに酵母とパンの皮のようなニュアンス。非常にドライでしっかりした酸味と余韻の長さが特徴。
”ワイ” ビアンコ

”ワイ” ロザート("WAI" ROSATO)

産地
イタリア ロンバルディア
種類
ロゼ泡
品質分類・原産地呼称
PROVINICIA DI PAVIA I.G.T.
コメント
◆ピノ・ネロ100%

平均樹齢約30年。石灰粘土質土壌、北西向きの畑。手摘み収穫したブドウで造る瓶内二次発酵のフリッツァンテ。除梗後、約6時間ゆっくりプレスしながらマセラシオン。ステンレスタンクで発酵後、そのまま約7か月熟成。フィルター無。瓶詰め後、約4ヶ月瓶内二次発酵、熟成を行う。

カシスやブルーベリーの小粒なベリー、柑橘系果実のニュアンス、フローラルなアロマ。アペリティフとして、また魚料理の前菜・フリット、ピッツァとの相性が良い。
”ワイ” ロザート
ロンバルディア / 伊一覧にもどる
ワインに関するお問い合わせ

生産者、ワインについてお気軽にお問い合わせください

ワインに関するお問い合わせ