ヴァン・ヴィヴァンヴァン・ヴィヴァン

ヴァン・ヴィヴァンヴァン・ヴィヴァン

トップへ戻る

リグーリア / 伊

テッラ・デラ・ルナ / 
Terra della Luna

テッラ・デラ・ルナ

テッラ・デラ・ルナが位置するリグーリア州東端のColli di Luniには1800年代からブドウが植えられており、所有していた商人ファブリコッティ家(カッラーラの採石場を所有)のプライベートワインを造っていた。テッラ・デラ・ルナの当主、アレッサンドロ・ヴィニャーリの祖父ジュゼッペは地元マリネッラ・ディ・サルザーナに生まれ育ち、このファブリコッティ家が銀行に売却したドメーヌ管理を手伝う事となる。そして1930年代に高品質なワインを造るためブドウの木を根こそぎ取り除いた。
祖父同様、この農園からほど近いマリネッラ農園の農家で生まれ育ったアレッサンドロは、全く異なる仕事に就いていたが、自然と触れ合う中で子供たちの幼少期を過ごさせてあげたい、とこの地に戻り、2006年にテッラ・デラ・ルナを創設。
彼は自身が造るワインを“vino del contadino”(農民の酒)と呼ぶ。自然なワインとは季節・気候を尊重したものであり、カンティーナでは化学的なものは厳禁だと考え、気候などにおいて、不運に見舞われた条件を最大限に利用する事を好んでいる。
畑はリグーリアのMontebello、トスカーナのNicola村それぞれの丘の谷間となる盆地に位置しており、雨に流された灰色の粘土が堆積した土壌を持つ。表面の赤粘土の下に深さ1メートル程の灰色の粘土があるため、雨が暫く降らなくても地中の水分が守られ、温度差の激しい微気候と相まって、個性あるワインの生産を可能にしている。畑の面積は2ha。標高の高い位置にグルナッシュ、シラー、低い位置にヴェルメンティーノを植えている。化学的なものは一切使わず、SO2無添加、フィルター不使用。ブドウ樹はいずれも2006年に植樹。
ヴェルメンティーノからは3種のワインを醸造しており、畑の標高がより低い位置から収穫を始める。最初に収穫するブドウからは「Vinacciolo di Luna」(微発泡)、二番目に「PLINIO」、最後に収穫する 遅摘みブドウで「Lun’Antica」を造っている。白ワインはステンレスタンクのみを使用し、収穫後1~2年でリリース。赤ワインは概ね300~500リットルのフレンチオーク大樽で15~24ヶ月熟成する。年間総生産量は1万本程度。

テッラ・デラ・ルナのワインテッラ・デラ・ルナのワイン

カリグレ(Caligré)

産地
イタリア リグーリア
種類
品質分類・原産地呼称
IGT Liguria di Levante
コメント
◆グルナッシュ100%

南南東向きの灰色粘土質土壌の畑。10月上旬に手摘みで収穫。
ステンレスタンクで15日間マセラシオン。清澄・ろ過無し。
熟成はフレンチオークの500l大樽で24ヶ月間。さらに瓶熟成6か月経過後にリリースする。この年は乾燥がちで雨が少なかったが、灰色粘土のおかげで地中の水分が保たれブドウの樹の根は健全だった。
酸味が生き生きとした味わいを維持している。余韻が長くエレガント。
ウサギやハト、鴨などの肉料理と相性が良い。
カリグレ

プリーニョ(PLINIO)

産地
イタリア リグーリア
種類
品質分類・原産地呼称
Doc Colli di Luni
コメント
◆ヴェルメンティーノ100%

❖V.T.2010
南西向きの粘土質土壌の畑。10月初旬に収穫。12日間のマセラシオン。ステンレスタンクで1年熟成。フィルター無。
長年瓶内で熟成したことにより、リースリングを想起させる複雑な仕上がりとなった。抜栓してから半日~1日経過するとより味わい深い。

❖V.T.2015
南西向きの粘土質土壌の畑。10月初旬に収穫後、12日間マセラシオン、ステンレスタンクで2年熟成。フィルター無。気候的に非常に良い年。
非常に軽やかなエレガンスとミネラル感、持続性とバランスの良いワインに仕上がっている。ドライリンゴのような風味。魚料理以外にも白身肉と相性が良い。

※ヴィンテージごとにボトル形状やエチケットデザインが異なります。
プリーニョ

ルナンティカ 2018~(Lun’Antica 2018-)

産地
イタリア リグーリア
種類
品質分類・原産地呼称
IGT Liguria di Levante
コメント
◆ヴェルメンティーノ100%

南西に向いた粘土質土壌の畑。ヴェルメンティーノの畑で一番遅く収穫するブドウで造るワイン。10月初旬に手摘みで収穫。通常通り自生酵母のみで発酵。夏降った4日間の雨がミネラル感と相性の良い酸をもたらした。酸と旨みのバランスが取れた味わい。
牡蠣などの貝類や魚料理と相性が良い。
ルナンティカ 2018~

ルナンティカ 2014(Lun’Antica 2014)

産地
イタリア リグーリア
種類
品質分類・原産地呼称
IGT Liguria di Levante
コメント
◆ヴェルメンティーノ100%

南西に向いた粘土質土壌の畑。本来遅摘みブドウで造るこのワインだが、2014年は特殊な条件で9月20日に手摘みで収穫。非常に雨が多く(7月に23日も雨が降った)、酸の強いブドウになった。この酸を活かすため、1度目の発酵を終えた後、2015年の6月末に酵母を加えた後、樽の温度が少し上がって7月初めに残糖により二度目の発酵が始まると瓶詰めした。この造り方は2014年のみ。まだピチピチとした気泡がある。彼曰く、飲み頃は2024年くらいとのこと。
酸の質から、アンチョビやタラのマリネ等と相性が良い。
ルナンティカ 2014
リグーリア / 伊一覧にもどる
ワインに関するお問い合わせ

生産者、ワインについてお気軽にお問い合わせください

ワインに関するお問い合わせ