ヴァン・ヴィヴァンヴァン・ヴィヴァン

ヴァン・ヴィヴァンヴァン・ヴィヴァン

トップへ戻る

ロンバルディア / 伊

ヴィエンナ・ワイン / 
VNA WINE

ヴィエンナ・ワイン

 1982年、ウベルト・フィオーリはロンバルディア州のオルトレポ・パヴェーゼ西部にあるトラッツァ・コステ近くにワイナリーと隣接する土地を購入。この地の伝統を受け継ぐブドウで、自家用のワインを造っていた。2015年に彼の息子アレッサンドロとフェデリコが引継ぎ、大きな情熱を以って販売に向けたワインの醸造を開始。何よりも、自然のリズムと調和した健全な農業を行うことで自分たちが住む土地を尊重している。こうして情熱と実験に満ちたVNAの冒険が始まった。
 彼らはこの土地を最新の土壌モニタリング技術を用いて地図化しており、平方メートル単位でどんな作業をすべきなのかを把握している。畑では天然由来のものしか使用しない。薬剤師でもあるフェデリコはハーブを多用し病害などに対応する。許される唯一の添加物は、瓶詰め時にワインを保護するための二酸化硫黄(亜硫酸塩)を1リットルあたり数ミリグラム添加するのみ。
 畑の土質は沖積層土壌で表土は砂と砂岩、下層土は粘土質のローム。深さがあり、平均的に透水性がある。肥沃度は中程度で、石灰質ではなく中性とアルカリ性のpHを持っていることが特徴。区画ごとに異なる性質を持つ。
 最も長寿なブドウは樹齢50年以上の畑で、現在はクロアティーナ、ウーヴァ・ラーラ、リースリング・イタリコの3つの品種が栽培されている。ほかにコルテーゼ、バルベーラ、フレイザといった隣接するピエモンテ由来の品種、シャルドネ、ピノ・ネロ、シラー、メルローといった国際品種の畑もある。剪定は、植物の樹液の流れを尊重し、ブドウの樹がその性質に応じて自己表現できるように行っている。
フェデリコ曰く“私たちは、最高のイノベーションとは結局のところ、伝統を尊重することだと固く信じています。ローマ時代にはすでにヴィティス・ヴィニフェラが私たちの地域で栽培されており、この歴史と伝統はワイン生産に特に適した地域であることを物語っています。VNAでやりたいことは、それほど目新しいことではないのですが...。”

ヴィエンナ・ワインのワインヴィエンナ・ワインのワイン

No.4(No.4)

産地
イタリア ロンバルディア
種類
品質分類・原産地呼称
VINO ROSSO
コメント

◆クロアティーナ33%,バルベーラ32%,ウーヴァ・ラーラ32%, 他黒ブドウ2%

平均樹齢約50年(植密度2500/ha―最大生産量60q/ha)。ローム質, 粘土石灰質土壌、東西に開けた畑。一番古い区画で、非常に多くのブドウが混植されている。上記3品種の他、リースリング、メルロー、アンチェロッタ、チリエジョーロなどを含む。(1種は判明していない。)ブドウ畑全体の品種の平均的な成熟度が満足のいくものであると考えられるときに一斉収穫して一斉に作業を始める。除梗しステンレスタンクで約6か月熟成。無濾過、無清澄。瓶詰時に微量のSO2を添加。

ブラックチェリー、ブラックベリー、チェリーなどの赤い果実の強烈なノートが感じられる。口に含むと、タンニンは重要だが心地よく、優れた酸味と長い持続性があり、ボトルでの長期熟成に適している。サラミ、赤身肉、ジビエなどと相性が良い。サービス温度12-16℃。
No.4

No.1(No.1)

産地
イタリア ロンバルディア
種類
品質分類・原産地呼称
Vino Bianco
コメント
◆コルテーゼ 100%

■植樹率;3500株/ha
平均樹齢30年のコルテーゼ。泥土・粘土質(地中には貝の化石)土壌で南向きの畑。
9月第2週頃に手摘み収穫。除梗後、ソフトプレスで2時間のマセラシオンにより旨みを引き出す。ステンレスタンクで9ヶ月熟成。無濾過、無清澄。SO2は瓶詰時に微量添加。
香りはマスタードや蜂蜜のアタック、ローズマリーやセージなどハーブのニュアンス、スモーキーな後味。口に含むと、強い酸味のある骨格、長い余韻があり、鼻に感じられる香りと通じている。温度変化により、いくつかの特徴がより強く感じられる。低温時は、マスタードの香りが強い。アルコール度数12.5%。
魚料理、ポーチドエッグ、または食前酒として。サービス温度6-10℃。
No.1

No.3(No.3)

産地
イタリア ロンバルディア
種類
品質分類・原産地呼称
VINO BIANCO
コメント
◆コルテーゼ 100%

平均樹齢約30年(植密度3500/ha―最大生産量45q/ha)。泥土・粘土質(地中には貝の化石)土壌、南向きの畑。手摘み収穫。除梗後約35日間マセラシオン。約80%は粒のまま、残りはは破砕しステンレスタンクで発酵。その後ステンレスタンクで約6ヶ月熟成。無濾過、無清澄。瓶詰時に微量のSO2を添加。

タバコ、ドライアプリコット、ラベンダー、ハーブのアタック。フィニッシュにはスモーキーなニュアンス。口に含むと、バランスの良い酸味、エレガントなタンニン、長い余韻がある。ボトル熟成により複雑性を増す。鶏肉や白身肉料理全般、脂がのった魚、野菜のソテーやチーズと相性が良い。サービス温度8–12℃。
No.3

No.2(No.2)

産地
イタリア ロンバルディア
種類
白泡
品質分類・原産地呼称
VINO BIANCO RIFERMENTATO
コメント
◆コルテーゼ 100%

平均樹齢約30年。泥土・粘土質(地中には貝の化石)土壌。南向きの畑。手摘み収穫。除梗せずダイレクトプレス。ステンレスタンクで約12ヶ月熟成、瓶内二次発酵18か月以上。無濾過、無清澄。約1500本のみ生産。瓶詰時に微量のSO2を添加。

香りはマスタードや蜂蜜のアタック、ローズマリーやセージなどハーブのニュアンス。非常にドライな仕上がり。魚や白肉料理、または食前酒として。サービス温度6-10℃。
No.2

No.6(No.6)

産地
イタリア ロンバルディア
種類
ロゼ泡
品質分類・原産地呼称
VINO ROSATO RIFERMENTATO
コメント
◆ピノネロ 100%

平均樹齢約15年。泥土・粘土質(地中には貝の化石)土壌、南西向きの畑。手摘み収穫。除梗せずダイレクトプレス。ステンレスタンクで約12ヶ月熟成、瓶内二次発酵18か月以上。無濾過、無清澄。約1600本のみ生産。瓶詰時に微量のSO2を添加。

非常に淡く美しいピンク色。ほのかに香る赤いベリー系果実のアタック。ドライながら余韻は長く、少し温度を上げると果実の丸みを感じられる。食前酒として、またどのようなお料理にも合わせやすい。サービス温度7–10℃。
No.6
ロンバルディア / 伊一覧にもどる
ワインに関するお問い合わせ

生産者、ワインについてお気軽にお問い合わせください

ワインに関するお問い合わせ