2022.07.5

バリーカレボー社ウィーゼ工場(ベルギー)での
サルモネラ属菌検出について

拝啓 時下ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。
平素より弊社に関しまして格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

ニュースでも報道されておりますが、バリーカレボー社のベルギーにあるウィーゼ工場で製造された製品よりサルモネラ属菌が検出されました。
汚染源がレシチンであることを特定しており、混入の可能性がある6月25日以降の製造分は工場からは一切出荷されていないと報告を受けています。
そのため、当該工場で生産されているカカオバリーブランドの製品には影響がないため、弊社では通常通り販売を継続しております。ご安心してご使用下さい。
なお、工場の稼働再開時期に関しては未定であり、供給に影響が出そうな場合はあらためてご連絡致します。
今後も変わらぬご愛顧を賜りますよう、お願い申し上げます。

敬具

詳細につきましては、下記のメーカーオフィシャルレターをご覧くださいませ
Wiezeのサルモネラ事案について
https://www.nichifutsu.co.jp/wp-content/uploads/2022/07/20220705Wieze_barrycallebaut_.pdf

ページ先頭へ戻る