ヴァン・ヴィヴァンヴァン・ヴィヴァン

ヴァン・ヴィヴァンヴァン・ヴィヴァン

トップへ戻る

ピエモンテ / 伊

アンドレア・ティレッリ / 
Azienda Agricola Andrea Tirelli

アンドレア・ティレッリ

アンドレア・ティレッリが畑を所有するピエモンテ州Costa Vescovato村は、人口300人程と小さな村でローマ時代から多くの村人がワインを生産している。
アンドレアの畑は全て南向きの4ha。アレッサンドリアのColli Tortonesiに位置している。
ワイン造りはビオディナミで行い、化学的なものは一切用いず、銅や亜鉛も必要最低限のみ。また彼の畑の風上に農薬を使う農家が居ないため環境として恵まれているという。
土壌は粘土質に貝殻等の化石が混じるが、5m毎に土質が変わるエリアで、小石が多い部分も点在する。
標高270~300mに位置する畑の高い部分には古代品種のリンゴの樹を植え、鳥が集まり生物多様性を、低い位置には水を吸い上げる力の強い柳を植えている。剪定はブドウの樹1本1本の個性に合わせて行っている。

ブドウはコルテーゼ(2003年に彼の祖父から受け継ぐ)、ティモラッソ、フレイザ、バルベーラ、ドルチェットを栽培。

醸造は主にコンクリートタンクを使用。ステンレスタンクは熟成には使わない。スティルワインの赤、白については、最低2年経過後に瓶詰めする。全て土着酵母による自然発酵を行う。

アンドレア・ティレッリのワインアンドレア・ティレッリのワイン

テッラプーラ(TERRAPURA)

産地
イタリア ピエモンテ
種類
品質分類・原産地呼称
VINO ROSSO
コメント
◆バルベーラ100%

平均樹齢約35年。粘土質80%、石灰岩20%の土壌、標高300m、南向きの斜面。手摘収穫、除梗。一定期間マセラシオンの後、コンクリートタンクで約2年間熟成。瓶内で最低12ヶ月熟成。ノンフィルター、無濾過。瓶詰め時に少量のSO2を添加。

鮮やかなルビーレッド色。ブラックベリー、チェリー、プラムのノートを持ち、濃厚なブーケ。フレッシュな酸味とタンニンのバランスが取れており、余韻に持続性がある。サービス温度16-18℃。赤身肉の煮込み、熟成チーズなどとの相性が良い。
テッラプーラ

ニビル(Nibirù)

産地
イタリア ピエモンテ州
種類
品質分類・原産地呼称
Vino Rosso
コメント
◆ニビオ100%

南向きの斜面に位置する畑の土壌は粘土質80%、石灰質20%。
ニビオはドルチェットのクローンの一つで80年程前に造られた品種といわれている。ニビオが植えられた区画「Tamburna」は特に粘土質が強い土壌。
このエリアではドルチェットを一番早く収穫する事が多いが、この年のニビルは実験的に一番最後に全て手摘みで行った。
12日間マセラシオンの後、コンクリートタンクで熟成。瓶内で最低12ヶ月熟成。ノンフィルター、無濾過。
紫色がかったルビーレッドの外観。野性味とともに、ほのかにブラックベリー、ブラックチェリーのフルーティーな香り。口当たりが良く、滑らかなタンニンとわずかにアーモンドのような味わい。
サービス温度16-18℃。白身および赤身の肉類、少し熟成を帯びたチーズ、辛い料理などとの相性が良い。
ニビル

ドゥルイド(DRUID)

産地
イタリア ピエモンテ州
種類
品質分類・原産地呼称
Vino Rosso
コメント
◆フレイザ100%

南向きの斜面に位置する畑の土壌は粘土質80%、石灰質20%。
平均樹齢35-40年。
2016年の収穫は9月初めの10日間に全て手摘みで行った。
12日間マセラシオンの後、コンクリートタンクで熟成。瓶内で最低12ヶ月熟成。ノンフィルター、無濾過。
紫色がかった淡いルビーレッドの外観。ブラックベリー、マラスカチェリー、プラムのニュアンスを含む力強い香り。スミレ、プラム、カシス、スパイスのような味わい。
サービス温度16℃。脂肪分の多い肉のグリル、ブルーチーズ、ビターチョコレートなどとの相性が良い。
ドゥルイド

デルトゥーナ(DERTHONA)

産地
イタリア ピエモンテ州
種類
品質分類・原産地呼称
Vino Bianco
コメント
◆ティモラッソ100%

南向きの斜面に位置する畑の土壌は粘土質80%、石灰岩と泥灰岩20%。
平均樹齢8年。
収穫は全て手摘みで行う。これまで誰も肥料を使ったことが無い区画で、1本の樹から2房しか収穫しない。5-6日間のマセラシオンの後、一旦ファイバータンクへ移し、澱と一緒に最低2年。瓶詰め後最低6か月熟成。ノンフィルター、無濾過。
黄金色の外観で酸化熟成のニュアンスも。時間の経過とともに干し草、ハーブの香りが出てくる。赤ワイン並みのボディだが、フレッシュでミネラル感が感じられる。サービス温度13-14℃。食前酒として、また白身肉、少し熟成を帯びたチーズとの相性が良い。
デルトゥーナ

ムンタ(MUNTA)

産地
イタリア ピエモンテ
種類
品質分類・原産地呼称
VINO BIANCO
コメント
◆コルテーゼ100%

平均樹齢約35年。粘土質80%、石灰岩20%の土壌、標高300m、南向きの斜面。約48時間マセラシオン後に発酵コンクリートタンクで熟成。瓶詰め後、最低6か月は熟成する。ノンフィルター、無濾過。瓶詰時に少量のSO2を添加。

濃い黄金色の外観。フローラルでフルーティーな香り、わずかにバルサミコとスパイシーな香り。調和のとれた酸味と、包み込むような強烈な余韻。サービス温度: 8-10℃。アペリティフとして、またリゾット、湖魚やタラの料理、赤身の肉、熟成したブルーチーズなどと相性が良い。
ムンタ

ベルターネ(BELTANE)

産地
イタリア ピエモンテ州
種類
ロゼ
品質分類・原産地呼称
Vino Rosato (Ancestrale)
コメント
◆フレイザ100%。

南向きの斜面に位置する畑の土壌は粘土質80%、化石を含む石灰岩20%。
平均樹齢35-40年。
収穫は9月初めの10日間に全て手摘みで行う。6時間マセラシオン。
残糖12mgで瓶詰めし、瓶内二次発酵の微発泡を予定していたが発泡無しのスティルワインに仕上がった。
ノンフィルター、無濾過。
フレッシュで甘みのある赤い果実のブーケ。少し胡椒のニュアンスも。サービス温度10-12℃。熟成したチーズとの相性が良い。
ベルターネ

オスタラ(OSTARA)

産地
イタリア ピエモンテ州
種類
白泡
品質分類・原産地呼称
Vino Bianco Ancestrale
コメント
◆ティモラッソ、コルテーゼ

南向きの斜面に位置する畑の土壌は粘土質80%、石灰岩と泥灰岩20%。
平均樹齢はティモラッソ8年、コルテーゼ35年。
2017年のみ醸造の微発泡ワイン。この年はブドウの収量が少なかった為、2つの品種をブレンド。
9月中旬に手摘みで収穫。5日間のマセラシオンの後、発酵し瓶内二次発酵。ノンフィルター、無濾過。
黄金色の外観。アーモンドや柑橘系フルーツのブーケ。しっかりと厚みのある味わい。
サービス温度12℃。フレッシュチーズやフリットとの相性が良い。
オスタラ
ピエモンテ / 伊一覧にもどる
ワインに関するお問い合わせ

生産者、ワインについてお気軽にお問い合わせください

ワインに関するお問い合わせ