2017.05.22

いろんな意味で待ちました

新しい生産者に出会えることは年に数度。
しかもそれが日本で人気が出そうなものとなると滅多にないのが現状です。

さて今回待ち合わせた約束の時間は9時。住所の場所に行っても人の気配がなく裏に回って窓から覗いても完璧に誰もいない。。。30分経てど現れる雰囲気なし。電話は留守電。嫌な予感を抱えつつとりあえず近くに1軒だけあるカフェへ。小さなお店に近所のお年寄りが沢山集まってこの町では珍しいであろう東洋人を遠目にチラチラ。痺れを切らし店主に聞いてみると当然のように知り合いらしく早速電話をしてくれました。何か所か電話した結果なんとか連絡がとれ30分後に来てくれることに!
少々申し訳なさそうに現れた彼は結構無口で真面目そうな人でした。

実は彼のワイン、今回訪問して試飲する前になんとな~くいい予感がしていて輸入の段階まで進んでおりました。
しかし突然「フランスの顧客からどうしても分けて欲しいと言われ ワインを造り始めたころからの顧客なので断れず そちらに売ってしまった。申し訳ない」と一度振られた相手でした。
しかしそれを聞くと尚更興味が沸き今回念願の訪問が叶いました。
まだ生産を始めて数年、少しずつ畑を増やしているところです

こちらはまだ1年目の畑。
栽培に関してはピエール・マッソンに師事し畑を掘り起こさず草を大事にする方法を行っています。
自然派の人はワイン以外の物を作ったりしておりコンフィチュールを作ってる方は結構多いですね。
こちらはヤギを飼ってシェーヴルチーズを作ってます。
樹齢の古い樹も多くシラー、サンソー、テンプラニーリョなんかも植えてあります。
なかなか日差しの強い日でしたが醸造所内は涼しくこのような昔からの倉庫?が今も現役なのはヨーロッパならではと言ったところでしょうか。
現時点ではワインの在庫はゼロ。
後ろにあるファイバータンクのワインが訪問した日の1週間後に瓶詰め予定。
それ以外のワインは8月瓶詰め予定で10月頃の出荷。
しかし今年造る予定の7キュヴェ中5キュヴェがすでに予約完売!!
瓶詰めを待たずしてすでになし。
そのためこの日予約出来たのは2キュヴェのみ。
他のキュヴェは2018年出荷分をごく少量予約出来ただけでした。
なかなか競争率の激しいワインですがそれだけの理由がありました。
南に近い地域の為最初のインパクトは濃い?ですが途中からソアフタイプに変わる不思議な後味。
体に染み込む感じです。
今回試飲できませんでしたがサンソーのブラン・ド・ノワールは一度味わってみたいワインです。
とりあえず第一弾は夏の終わり頃入荷予定。
楽しみにお待ちください!!
著SHO
ページ先頭へ戻る