2018.02.2

ATELIER LETANDUERE

大西かおりさんがフランス・アンジェ市内に2017年12月にオープンしたブーランジュリー ATELIER LETANDUERE (アトリエ・レタンデュエール)を訪問しました。

大西さんは2010年に開催された第4回サフコンテストで入賞、ルサッフル賞を受賞されたこともあり、当社も懇意にさせていただいております。2014年に渡仏後、さまざまな場所で経験を積まれ、昨年末ようやく念願の自店をロワール地方のアンジェ市にオープンされました。

お店はアンジェの玄関口、国鉄駅から歩いて7、8分ほど、路面電車が通るレタンデュエール通りに面した場所にあります。

近くには週2回水曜日と土曜日にマルシェの立つラファイエット広場があり、市場の立つ日は朝から多くのお客様が訪れています。

以前は食料品店だった場所にブーランジュリーを開店させたこともあり、地域の住民からは近くによいブーランジュリーが新しくできて、とても感謝されているようで、訪れたこの日も朝からたくさんのお客さんが列をなしていました。

アイテム数は30アイテムほど。製造は本人を含めて2名と少なく、当面はアイテム数を増やす予定はないとのことですが、クリームパンやメロンパンなどフランスの一般的なブーランジュリーにはないアイテムを入れることで他にはない特色を打ち出している様子。

小麦粉はアンジェ近郊の小さな製粉所2箇所から仕入れており、それをブレンドして使用しています。

フランス人にも評判のいいというクリームパンとメロンパンも。これらパンのことを知らないフランス人のために説明書きがしっかりと掲示されています。これを読んで購入されるお客さんが多いとのこと。

厨房をオープンにし、製造もやりながら販売も手伝うという、フランスでもあまり見ないスタイルを導入するところなど、大西さんのアイデアが生かされています。

ご自身が立ち上げられた「フランスにいる日本人ブーランジェのためのアソシエーション
ABJFの活動もここを舞台に数多く開催したい、と今後も積極的な活動を予定されています。

日本の方が個人でフランスでお店を立ち上げるのは並大抵のことでありません。地域の住民の方々に愛されるブーランジェとして、ますますの活躍を祈念しております!

ATELIER LETANDUERE
15, RUE LETANDUERE 49000 ANGERS

ページ先頭へ戻る