2018.11.22

ドゥメナ ラベルは彼のアイデンティティ

 

バルメットとの昼食後、向かったのはダサかわ?ラベルでお馴染みのドゥメナへ

 

皆さん、きっと衝撃を受けたであろう ”ワビサビ”

こちらは特に日本向けラベルではなく、フランスを始めた全世界で売れているものをそのまま日本に輸入したワインです

 

まずは畑を見に行くことに・・・

収穫の時にはまだ熟していなかったブドウたちです

ヴィエイユヴィーニュ(樹齢不明)のグルナッシュ

 

そしてクランデスティーヌでお馴染みのマカブー

 

甘みがあって美味しいです

 

見えにくいのですが、サングリエ(イノシシ🐗)が来た形跡がありました

ブドウを食べてしまうそうで、自然とはいえども農業をするには大変です

まるでそれを象徴するかのように描かれたラベルがこちら

 

イノシシ🐗

こちらはミュスカで造られており、大人気のキュヴェだそう

その名も・・・スーパーサングラ!

なかなかパンチのあるエチケットです

ちなみにこちらは10日間マセラシオンタイプで、ライチやエキゾチック、後には少々タニックな味わいでした

春以降に次のものがリリースされるそうで今から楽しみですね♬

 

ラベルは奇抜だけど、味わいはかなり落ち着いた感じでギャップが激しいドゥメナ

それまでの旅で立ち寄った2,3軒のビストロやバーでは彼のワインたくさん置いてありました

中でもピンクのラベルが非常に目立っている・・・!!

真ん中はクランデスティーヌの赤白ロゼ

真ん中はクランデスティーヌの赤白ロゼ

 

彼のワインがフランス国内でとても人気なことが分かった瞬間でした

実際にワビサビは彼のキュヴェの中でも一番人気で、彼自身とても気に入っている様子・・・

ラベルは生産者のアイデンティティでもありますからね

ぜひ見た目がダサいということで毛嫌いせず、彼のワインを飲んでいただきたいです

ギャップ萌え、ぜひ体感されてみてはいかがでしょうか

 

ページ先頭へ戻る