2018.11.20

バルメット マシンガントーク炸裂!

 

2日目の朝は、ラングドックルーションのドメーヌデバルメットへ

出会った瞬間から、マシンガントーク炸裂!

こちらが話さなくてもひたすら話し続けるパワフルさ&とても面白いルシアン

 

 

まずは恒例の搾りたてジュースから試飲

 

 

ナチュールの造り手の中では、割と濃いめなワインを造るルシアン

以前までは、ナチュールといえば、どこもかしこも皆薄旨で軽いタイプのものばかりだったけれど

最近では一周回って、濃いめのものが流行になってきているんだ!

とのことで、やや濃いめの果実味しっかり、でも軽やかな旨みたっぷりなワインを造っています

 

 

彼のワインも酸化を防ぐために、絞ったブドウの種を綺麗に洗って樽の中に入れています

種から出るタンニンが加わることにより酸化を防ぐことができるそうです

まさに酸化防止剤のような役目を果たしています

 

 

ランチ一緒にしていくだろう?と数々のチーズやハム、そしてデザートまで用意してくれていました

 

 

もちろんワインもたくさん!これ、ほんの一部です(笑)

 

こちら、赤のフィギュイエール

なんとこちら、3キュヴェあるらしくそれを全て合わせると一枚の絵になります

有名な画家さんらしく、彼の友達ということからラベルを作ってもらっているそう

 

 

こちらもオレンジワインとして人気の ”GG de lulu”

毎年ラベルの絵は変わっていたことに皆さんご存知でしょうか?

こちらも有名な政治について描かれている Lefred-Thouron氏のものです

彼も友人だそうで毎年描いてもらっているそう…繋がりがすごいです

 

 

そしてルシアンの彼女も絵を描いているとのことで

彼の新キュヴェはどちらかの絵になるかも?

 

 

 

ちなみに左の絵は、ルシアン自身を表しています

右の絵も月の満ち欠けを意識した絵でいいですね

皆さんはどちらがお好みですか?

彼の新キュヴェはどんなものになるのか・・・今から楽しみです♬

 

彼のワインはこちら↓

https://www.nichifutsu.co.jp/vin/regions/domaine-des-balmettes/

ページ先頭へ戻る