2016.10.25

シャルル プルースト杯2016 レポート その2

引き続き、ルレデセール シャルルプルースト杯2016に出場する佐々木氏のパリ現地での作業内容をお伝えします。

3日目
ピエスの装飾を施しています。

石畳ができあがっていく様子。

一つ一つ地味な作業ですが、ピエス作品の完成度をアップさせるためには必要な作業が続きます。

4日目
前半部分で作っていた拳銃に塗装を施していきます。

氷水を使って、質感を出していきます。

他のパーツも同様に塗装。チョコレートとあえて注目しない限り、拳銃やかなづち、ペンチなどの道具類も本物そのままに見えます。

5日目
ピエスの土台作り。作品全体を支える重要な部分だけに、丁寧に作業していきます。

パーツごとに分かれていた「馬」が組み立てられていきます。

チョコレートから一端離れて、アメで葉を作っていきます。

部分部分の作業のご紹介になりますが、確実に完成に向かって進んでいます。コンクール本番も迫ってきました。緊張感も高まります。

ページ先頭へ戻る