2016.08.8

純粋な好青年

以前のブログで紹介させて頂いた”LAIKA”の生産者に初訪問。
2013年に0.3haから始めた新しいドメーヌです。

”PIERRE MENARD”

両親もワイン造りをしていましたが彼は別の畑を持ちビオディナミで生産しています。
こちらはシュナン・ブラン。1920年代の葡萄の樹です。
ここから取れた葡萄はこのワインに。
”LE QUART DES NOELS”
クリスマスに関係しているわけではなく畑のある場所の名前だそうです。
樽の中に眠る”LAIKA”の2015
今年108本入荷しましたがこの年も同じく108本のみ入荷予定。
年間生産量が上のNOELSと同じく600本と少ないため日本用にもその程度しか頂けませんでした。。。

それ以外にもボトリティスが付いた年に造ったCOSMO。
葡萄ジュースのVERJUSがあります。
このエチケットの意味はパンチを食らった位の衝撃の酸味がある!ということのようで気合を入れて試飲してみたところそれほど強くなくとてもおいしゅうございました。

このジュースは葡萄がまだ青い時期で酸味のしっかりしている8月頃に収穫し絞っただけのもの。
昔この地域でマスタードを作る際、酢ではなく酸味の強い葡萄ジュースを使っていたようで、それを再現する為彼がこのジュースを造ってレストランに販売し以前のようなマスタードを復活させているようです。
是非私もこの話を持ち帰って日本でも再現して欲しいと思い残り全量100本程度でしたが買っちゃいました~。
だれかマスタード作って下さい!!

著SHO

 

ページ先頭へ戻る