2016.07.27

口に出来るのはミラクルか!?

今回はこの人に会うことを中心として他のスケジュールを組んだと言えるかもしれません。
最も手に入れるのが困難と言われるシャンパンの一つ
”Roses de Jeanne”

電話でもほとんどアポイントが取れず会うこと自体が非常に難しい人です。
ストイックで寡黙な人を想像していましたがワインの事を話し出すと止まらない、とっても饒舌で親しみ易い性格の人でした!

奥様とセドリック・ブシャール氏

奥様とセドリック・ブシャール氏

この日は気温が25度を超えるとっても暑い日。
しかし案内されたカーヴは10度を切る程の室温。
たった階段を20段程度降りただけですが別世界が広がっていました。
こちらは熟成中のシャンパン。
現在7つのキュヴェを造っていますが全て少量生産。
しかも販売されるの1/3のみ。
残りの2/3は熟成用と試飲用ということで尚更希少となります。
既に私達の為に全てのキュヴェを準備してくれていました。
こちらは”LIEU-DIT”の為単一畑から生産でブレンドは一切してません。
全て有機で添加物はゼロ。
セドリックは元々泡系が好きではなくブルゴーニュ好き。
その為この中の幾つかはデキャンタをしたり泡を飛ばして飲むことをお勧めしています。

熟成中のウルシュレ2000

熟成中のウルシュレ2000

このように熟成させているボトルがちらほら。
こちらも何時かのタイミングで商品化するようです。。。
これは以前イギリスのライターが紹介したことで、パニックが起こった曰くつきのもの。
私のブログでは大した影響はありませんが、詳細は一応内緒にしておきます。

ここのシャンパンは割り当て制となっているため、ごく一部のお客様にしかご案内出来ておりません。
セドリックも今後生産量を増やすことは一切考えていないということで、私共に与えられる量も今の量が限界のようです。

しかしセドリックは新しいプロジェクトを進行中。
そちらもいつか紹介出来ればと思ってますのでお楽しみに!

著SHO
ページ先頭へ戻る