2016.07.7

今回もやはり

こちら方面に来ると外せないのは
”ジェローム・ギシャール”
相変わらずの豪快さで彼のペースにどんどん嵌って行きます。
お昼時ということもありシャルキュトリーが準備されておりました。
2年位前にお邪魔した時の奥様手作りのプーレが忘れられず、手作りか確認しましたが、こちらは買ってきた物でした。。。

このおもてなしに今回も長くなりそうだな~と言う予感は的中!
5時間近い滞在となりました。

ワインは出るわ出るわで何種類試飲したか全く記憶なし。
多分15種類以上したでしょうか。
ほとんどは瓶詰め前で樽やタンクから。

ただこちらは既に予約している為ちゃんとテイスティング。

ジェローム久々の新アイテム
”CHEVROT”
こちらは買い葡萄を使っております。
0.3haの15年有機畑で樹齢70年のシャルドネ。
グラップ・アンティエールで垂直プレス後樽に直行~。
1年半眠って瓶詰めです。添加は勿論ゼロ。

ジェロームの好きな酸はしっかりめですが、ふくよかな洋ナシ的なニュアンスがあってバランスGOODです。

そしてこちらはまたまた変態ワインに挑戦。
6ヶ月!!のマセラシオンをしたRAPILLERES。やってくれました!!
試しで全く同じ期間マセラシオンしたBOUCHATはもっと色が薄め。
その違いがなぜかジェロームもわからないそうですが、BOUCHATのオレンジはちょっとイマイチ。ジェロームも同意見で、そちらのワインはきっとなにかとブレンドしてくるでしょう。
1時過ぎに着いて終わったのは7時頃。
後半は試飲というより飲みと言った状況で、少々疲れてしまいましたがそこで終わらないのがジェローム。
再びマコンの街で合流して二次会スタートです。

著SHO
ページ先頭へ戻る