2014.04.7

ハートの形をした村『シャルル・プジョワーズ』

シャンパーニュ地方第二弾!皆さまご存知CHARLES POUGEOISES。20年以上付き合いのある日仏の代表シャンパンです。

門構えからゴージャス!

門構えからゴージャス!

ランスから南へ50キロCOTES DE BLANCS
VERTUSに位置しています

私たちはエペルネから行きました

私たちはエペルネから行きました

実はそんなVERTUS村、上空から見るとハートの形をしているのです

ハートといわれれば…そう見える?

ハートといわれれば…そう見える?

このハートのマークはラベルにも描かれています

うっすら見えますでしょうか?キューピッドの矢がハートに刺さったこちらのロゴ。実はVERTUS村の紋章なのです。
プジョワーズのみのラベルに記載されているマークかと思いきや、辺りを見回すと街にはあちらこちらにこのマークの看板が…!!どうやらこの土地に属しているシャンパンメーカーはこのロゴを自由に使ってもいいようです。
おそらく村興しの意味合いも込められているのでしょうね。
ウエルカムドリンクを頂いたリビングにはいたる所にこの紋章が…
そして皆さんお気づきでしょうか?ラベルの絵柄が変わっていることを…!初代のラベルはこんな感じでした
そして今日仏で取り扱っているのがこちら

実はこちらのラベル、現在では日仏限定ラベルとしてわざわざお作りしていただいてます。
フランスではモダンスタイルが流行っておりジャンボバンと一緒でラベルチェンジが行われている中、私たちの要望でクラッシックなラベルをいつも貼っていただいているのです。
皆さんはどのラベルがお好みですか?

ジャンボバンで見かけたシャンパングラスとオリジナルラベルがこちらにも…
CHARLES氏の金婚記念に作られたラベル。
1954年はCHARLES氏が父の運営するブドウ栽培経営から独立することを決意した年でした。
そして1976年に共同組合から独立し自家畑で収穫した葡萄だけでシャンパンを造るR.MとしてCHARLES POUGEOISEを設立
彼がシャンパン愛好家であることから、独自のスタイルでシャンパンを念入りに造られてきました。

7年前に訪れたときの写真(左Sandrine, 右Charles氏)

7年前に訪れたときの写真(左Sandrine, 右Charles氏)

残念ながらCHARLES氏は数年前にお亡くなりになられ、今では娘のSandrine氏と旦那様そして彼らの息子さん、娘さんたちによってメゾンのスタイルや伝統が受け継がれています。
旦那さんはSandriene氏と出会うまで全くワインに携わっていませんでした。葡萄やシャンパン造りを行うようになりにつれ徐々にパッションを持ち始め、今ではメゾンの醸造家となっております。
息子さんと娘さんは20才前後。息子さんはホテルの学校に通われていて、娘さんは大学でマーケティングを専攻しています。
2人とも若いのにシャンパンに対する情熱があり、今後実家を継いで行くという強い意志がありました。きっとそんな彼らの姿を見てCHARLES氏も喜ばれていることでしょうね。
全世界25カ国に点在するフランス大使館公認シャンパンとして愛用されているシャルル・プジョワーズ。
ご存知な方もそうでない方もぜひ彼らの歴史を振り返りながらお飲みになられてはいかがでしょうか。

いつも飲むシャンパンも彼らのことを知っているのと知らないのとでは味わいが変わって感じられるかもしれません。

ページ先頭へ戻る