2014.04.25

ステーキフリットにヤミツキ! ビストロギャロ

Bistro Gallo

神戸といったらステーキ!ステーキといったら神戸牛!…といいたいところですが時には“なかやま牛”のステーキフリットなんていかがでしょうか?
なかやま牛とは広島県福山市で肥育されたブランド牛のこと。なやかま牛の内、黒毛和種を神石牛(じんせきぎゅう)、交雑種を高原黒牛(こうげんくろうし)、ホルスタイン種を加茂牛(かもぎゅう)これら3つの品種の牛を総称して”なかやま牛”と呼ばれています。
そんななかやま牛を調理する川添シェフは愛媛ご出身。大阪そして神戸で有名なビストロにて経験を積み。1年前に独立され、ビストロ ギャロ をオープン。数々の難関を乗り越え今では雑誌の取材に引っ張りだこの超有名人気ビストロとなっています。
こだわりはなんといっても一から丁寧に作られている自家製シャルキュトリー。
豚のリエットと大阪から送ってもらっているバゲットと共に
シャルキュトリーの盛り合わせ
思わず赤ワインが進みます
お次は冷製前菜の盛り合わせ。
ピクルス、キャロットラペ、ラタトゥイユどれも母の味を思い出すような暖かさのある料理たち…
そしてメインのステーキフリット!サーロインと肩ロースが選べます。
今回は、肉食の私たちにはぜひ分かって頂けるであろう…!とのシェフのオススメで肩ロースをオーダー
200g以上あるお肉の塊…まさに至福の時間(空間)です。なんといってもこちらのステーキ、焼き方にもこだわりが…!
フライパンに半分程の油をカンカンに熱し揚げ焼きにします。表面を一気に焼き上げることで肉本来の旨みを逃がさず、表面はカリッカリと香ばしくそして軽くオーブンで熱することにより中はミディアムレアに仕上がります。
付け合せのフリットは、ステーキ同様カリカリに仕上がっておりずっと食べていたくなる絶品。
ステーキにはイギリス産の塩と胡椒にニンニクを練り込んだマスタードが添えられています。
お肉の味を楽しむことが出来るのはシンプルな塩コショウでしょうか…でもちょっとしたアクセントにマスタードを付けていただくのも、また一味変わって美味しくいただけます。

この日は私の父の誕生日でした。前もってプレートをお願いしていましたが、まさかこんな可愛いプレートが出てくるとはっ!!
こちらのチーズケーキは宅配と全国発送の予約生産のみでされている、なかなか手に入らない幻のチーズケーキ。
一度食べたらやみつきになること間違いなしです!
ガトーショコラはシェフお手製のもの。こちらもビターでしっとりとした感じが堪らない一品。

なんとこの後、帰り際にシェフから一輪のバラを頂きました。その人のイメージに合わせてバラを選ばれているようで、その気遣いと優しさに父も大感激。
料理は素材にこだわりその食材の魅力を最大限に引き出せるよう調理法や調味料を常に探求されています。

ワイン選びに対しても常に真剣。お客さんにも冒険してほしいという思いから東京の有名な自然派バーに自ら通い今のトレンドを勉強し取り入れつつ、芯となる軸は絶対にブレません。

真面目で勉強熱心。でもその一方でお客さんを楽しませ喜ばせるユーモアさも忘れない。そんな川添シェフ彼の想いや人柄は料理やワインにも表れているように感じます。

・・・写真にはあえて普通に写りません!笑
ぜひイケメンシェフに会いに…ではなくステーキを食べにギャロに行かれてみては…?

カウンター越しの神戸の夜景と共に美味しいステーキとワインをぜひご堪能あれ♪

住所:神戸市中央区北長狭通1-3-10 燕京ビル 8F
電話:078-393-0778
最寄り駅:三宮(神戸市営)駅[西出口2(地下
営業時間:18:00~24:00(L.O23:00) 不定休

ページ先頭へ戻る