2017.02.28

パティシエ通信始まります!【パティシエ通信Vol.1】

フランス在住の現役パティシエールがパティシエ目線でフランスの生の情報をお伝えする「パティシエ通信」が連載でスタートします。

弊社では、取り扱い商品やレシピの紹介だけでなく、フランスの生の情報も配信していきます。

フランス在住で現地のパティスリーで働かれているパティシエールの方にスポットをあて、トレンド情報・ローカル情報・フランスならではの行事、フランスあるあるネタなど盛りだくさんの内容でお贈りする予定です。

フランス情報が気になる方、これからフランスで修行を検討されている方なども必見です。

では今回は、フランス在住のパティシエール「岸さん」のご紹介と、実際に働かれているお店の紹介をさせていただきます。

フランス在住パティシエール「岸さん」のご紹介


みなさま、初めまして!! 岸 綾子と申します。

この度、日仏さんのアプリを通してフランスで修業中のパティシエの体験談や現地の季節に応じたイベントや食べ物、今のフランス事情などを私目線ではありますが、少しずつ発信していきたいと思います。
初回は私の自己紹介になるのですが、聞いて下さい。

生まれも育ちも大阪で、辻製菓あべのを卒業後フランス校(エスコフィエ校)を卒業。

神戸の『御影高杉』、神戸元町の『モンプリュ』で修業後、実家のパティスリーボンファルタに戻り9年シェフを務めました。
が、昨年の7月からもう一度フランスで腕と人間を磨くべく思い切って店を閉めて渡仏。

今はロレーヌ地方のパティスリー『フレッソン』でシェフ ド トゥール(生地製造責任者)として働いております。

お店で販売しているケーキ・お菓子を少し紹介しますね。

まず、『フレッソン』の人気商品は次の写真の真ん中にある「Paris Metz」です。
この地域の他のお店でも販売していますが、これはフレッソンがオリジナルで作った商品なんですよ。

マカロンも色々なフレーバーを取り揃えています

新年(2017年)をお祝いするアントルメ

1月には欠かせないガレット・デ・ロワ

ヴィエノワズリーや惣菜も販売しています

こんな感じのお店で働いています。 皆さん、フランスのロレーヌ地方に来られた際は是非お立ち寄り下さいね。
詳しいお話は、また後程織り交ぜて紹介させていただきます。

次回、パティシエ通信Vol.2は近日配信予定です。 お楽しみに!!

ページ先頭へ戻る