2015.10.6

営業Hの海外出張レポート 第2弾!!【レポート】

こんにちは。営業Hです。

前回に引き続き、海外出張のレポートです。
第2弾は Strasbourg/Bongard 編です。
ストラスブールはフランス北東部のアルザス地方にある都市で、ドイツとの国境近くに位置し、過去に独領だったこともあるため、ドイツ文化の影響が非常に色濃い町です。
街並みも他のフランスの都市とは違い、木造建築の可愛らしい建物が立ち並びます。
この街に本社を構えているのが、弊社とは長年のお付き合いになるBONGARD社です。

ヨーロッパには5カ所の工場あり、こちらの本社工場では昨年、多額の設備投資をし、生産性を高め更なる効率化を図るとこの事です。
全世界にむけて発信していく企業らしく、「精度の高いものを効率よく製造する」を心がけているとのことです。
こちら工場内。セクションごとになっていますが、かなり広いです!!!

写真ではわかりずらいですが・・かなり広い

写真ではわかりずらいですが・・かなり広い

打ち合わせの中で、新商品や各商品のマイナーチェンジの話もありました。
機能的に優れているものはもちろん、ヨーロッパの安全基準に則ることを大事にしており、外部からのチェック機能を取り入れています。
マイナーチェンジのバゲットモルダー。新型生地投入口搭載。

新商品 メルキュール4〔分割機〕
2年間で300台販売している人気商品!!!!新型アタッチメントと粉が飛び散らない吸引機搭載!

吸引機搭載なので・・・これでむせません!!

吸引機搭載なので・・・これでむせません!!

画像がないのですが・・・
新型のラックオーブンの紹介もありました。前面のみでのメンテナンスが可能であったり、スロープ・レスであったりと、設置に関しても力を入れた設計になっています。

市内のブーランジュリ巡りも行いました。
少ない時間の中で、ボンガードのショールームの様な店舗を視察。
Aurelie &Frank Buchberger
こちらは販売から製造まで女性のみで行っており、1日1,000本以上のバゲットを焼成。その他にも沢山の種類の商品を製造していました。

L’authentique

こちらも数々の賞を受賞しているお店で、郊外型の繁盛店です。イケメンオーナーは、日本から来ているのだからと、買おうとしたパンを全て無償で!!頂いちゃいました。(中身も“イケメン”オーナーさんでした)
販売の女性2人もかなりの美人さんでした。笑(美しさに見とれて・・オーナーの写真撮り忘れました><)

夜は、ボンガード社のクライン氏とアウレリアさんとの会食。
アルザス伝統料理を頂けるお店にご招待頂き、名物 ベックオフ を頂きました。長年、弊社を担当して頂いているクライン氏より、弊社を大切なビジネスパートナーと考えているとのお言葉も頂き、信頼関係が深まった食会となりました。

脱線しますが・・・
食事の後に夜のストラスブール市内を散歩しました。
おとぎ話の中に入ってしまったような雰囲気のかわいい街並みはこちらです↑↑
ストラスブールは時間がなく、お店をあまり回れませんでした。
美味しいパティスリーも多い町です。
弊社もお世話になっているパティシエの方々の修行先のお店もあるので、次回は是非、足を運びたいです。
翌日、早朝マルシェに行って、いざ、ドイツへ向かいます。

次回は、ミュンヘンより、IBA展とのレポートします!
ストラスブール、もっと居たかった!!!!

ページ先頭へ戻る