2018.11.16

クレープを食べる日「シャンドルール(聖燭祭)」にまつわるイベントを開催!(告知)

「クレープを食べる日(シャンドルール)」!?
来年開催のサロン・デュ・ショコラ会場でチョコレートクレープを販売

クリスマスもお正月も来ていないのに、少し気の早いお話ではありますが、2019年1月22日から開催される『サロン・デュ・ショコラ』の会場で、フランスの季節行事である「クレープを食べる日(シャンドルール)※」をご紹介するブースが設けら、慣習の紹介とクレープの販売をおこないます。
販売されるクレープは、東京広尾にあるショコラトリー「アルノー・ラエール パリ」と「カカオバリー®」のチョコレートのコラボレーション商品として企画販売されます。
期間限定のリッチなチョコレートクレープの販売に向けて、弊社パティスリーラボ(渋谷)で開かれた検討会の様子をご紹介します。

※ Chandeleur(シャンドルール)の日とは?
日本ではまだまだなじみがない「シャンドルール(Chandeleur)の日」は、フランスでは「クレープを食べる日」とされています。シャンドルールは聖燭祭とも言い、イエス・キリストが生後40日目の2月2日に聖母マリアとともに神殿を訪れた日を祝う行事です。その歴史は西暦472年まで遡ります。

※参照元:Wikipedia ( https://fr.wikipedia.org/wiki/Chandeleur )

 


ショコラティエが作るクレープの試作、パッケージの検討・・・

この日は、アルノー・ラエール、伊勢丹新宿、バリーカレボージャパン、弊社の社員が集まりクレープの試食と、パッケージ、販売方法、ブースのレイアウトについて打合せが行われました。

 

弊社スタッフとアルノー・ラエールのスタッフで生地を焼いては配合を見直し、生地の粘度を調整しながら、食べやすく、美味しい生地の配合の検討を重ねました。
生地にのせるフィリングの量や、食感についてもそれぞれの意見が飛び交い、また食べたくなるようなリッチなクレープを目指します。


販売されるクレープは3種類!


検討会の結果、販売されるクレープは3種類に決まりました!

●キャラメルクレープ
プレーン生地+フィリング(ガナッシュ+キャラメルクリーム)+トッピング(キャラメル風味のチョコレートのヌガティーヌ)
●ショコラクレープ
カカオ生地+フィリング(ガナッシュクリーム)+トッピング(ダークチョコレートのヌガティーヌ)
●オレンジクレープ
プレーン生地+フィリング(ガナッシュ+マーマレードオランジュ)+トッピング(ミルクチョコレートのヌガティーヌ)

どれもガナッシュの味が濃く、カカオの味を感じられる贅沢なクレープです。
クレープを包むパッケージも、このイベント限定のアルノーラエルとカカオバリーのロゴが載ったオリジナルです。
私も試食しましたが、ショコラトリーならではのリッチな味わいのクレープで、何より濃厚です!
『サロン・デュ・ショコラ2019』限定の販売商品となりますので、この機会にぜひおためしください!

【アルノー・ラエール】
モンマルトルをはじめ、パリに3店舗を持つパティスリー、アルノー・ラエール。 M.O.F(国家最優秀職人章)を取得し、由緒あるチョコレート愛好会「ル・クラブ・デ・クロクール・ド・ショコラ」では、 最優秀ショコラティエ として選ばれた実力派。もちろんパリジャンの評価も高く、一度食べたら必ずもう一度食べたくなる味として 大人気のパティシエ・ショコラティエです。

アルノー・ラエール パリ

〒150-0012 東京都渋谷区広尾5丁目19-9
営業時間:11:00~20:00 不定休
TEL:03-6455-7868

http://www.arnaudlarher.jp/

 

サロン・デュ・ショコラ2019

開催場所:新宿NSビル地階=イベントホール(東京都庁隣り)
東京都新宿区西新宿2-4-1

http://www.salon-du-chocolat.jp/about

ページ先頭へ戻る