2018.06.16

パティスリー人気は続く・・・

フランス・パリで開催された Salon de la Pâtisserie (サロン・ドゥ・ラ・パティスリー)を訪れました。

このサロンはプロ向けの展示会ではなく、一般の方をメインターゲットにしたお菓子のお祭りのような位置付けです。お菓子の一般販売ブースに加えてアトリエ(実習)形式のブースがたくさんあり、熱心なパティスリーファンが事前予約でお気に入りのアトリエを予約。1講座55ユーロと決して安くはないですが、人気のパティスリーのシェフたちから実際に手ほどきを受けられるとあって、多くの講座で満員御礼となっていました。

ただ、会場は想像していたよりも小さく、物足りなさも。秋に開催されるサロン・デュ・ショコラとほぼ同額の入場料ながら、規模は10分の1ほどの大きさで出展者もそれほど多くはなかったのが残念といえば残念でした。

今年初めて開催されたサロン・ドゥ・ラ・パティスリーですが、規模が小さいからか、会場は大繁盛の様相でした。朝は開場を待つ多くの人が列を作り、結果的には多くのパティスリーファンで会場は満員となっていました。

開場を待つ多くの人で朝は大行列

アトリエ(実習)形式のブースの様子

会場は多くのパティスリーファンで大盛況

メインのデモブースではおなじみクリストフ・フェルデール氏が多くのお客さんを前にマドレーヌのデモ。ビジネスパートナーのアンリシャルパンティエ駒井シェフの姿も。
お菓子大好きの方、そこからもう一歩踏み込んでお菓子作りを日常から楽しまれている方をメインターゲットにした同展示会。来年も開催が続くのでしょうか。
ページ先頭へ戻る