2013.10.4

神戸の港をイメージ “KNOT”

神戸で人気のワインバーDの姉妹店PORTO BAR KNOT
南仏、パリのミシュラン三ツ星レストランで修行経験を持つシェフとロンドンでワインを学び、スペインでバールの虜になったソムリエによって昨年10月にオープンされ、わずか一年余りで大人気店へ…
フランス・スペイン・イタリア料理を中心に料理に合ったワインを提供してくれるとっても素敵な大人なバールの紹介です。

まずはなんといってもKNOT(ノット)イチオシのスペシャリテから…

ブーダンノワールのムース リンゴのジュレと共に

ブーダンノワールのムース リンゴのジュレと共に

とってもまろやかなブーダンに林檎のサッパリとしたジュレそこにシナモンが利いたチュイール。この三つを組み合わせて食べる新感覚があまりに斬新で毎回リピートしてしまうほどの絶品スペシャリテです!
実は渡仏時代、ブーダンノワールが苦手だったシェフ。そんなブーダンを日本人のお客様にも美味しく食べてもらいたい!という想いから、このブーダンノワールが誕生したのだとか…
そんなシェフ、野菜ソムリエの資格も持っているとのことで、料理にも色とりどりの野菜やフルーツが使用されています。
パズルドフォアグラ ~パセリ・ヨーグルト・パッションフルーツ~

パズルドフォアグラ ~パセリ・ヨーグルト・パッションフルーツ~

フォアグラのサラダ ~べトラーブ~

フォアグラのサラダ ~べトラーブ~

こちらの色鮮やかなべトラーブ。ジャムなども一切加えず自然そのものの色とのこと。ソースに加えられたハチミツがフォアグラの甘さを引き立ててくれます。

兵庫の地鶏、播州赤穂地鶏のリエット~黒胡椒風味~

兵庫の地鶏、播州赤穂地鶏のリエット~黒胡椒風味~

にょきにょきっと生えるカイワレがなんともユニークで魅力的。 アツアツバゲットと共に…思わずワインが進みます。
カナダ産オマール海老のトロピカルサラダ~キャビア添え~

カナダ産オマール海老のトロピカルサラダ~キャビア添え~

なんとこちらに入っているフルーツは桃!ソースには、ハチミツ・ヨーグルトそしてキャビア。
シェフ曰く、桃=甘味
ヨーグルト=酸味
キャビア=塩味
そして蜂蜜で奥深さを出しているとのこと。
アルザスワインに合わせて瞬時に作って頂いた、この夜限定のスペシャル料理です。
ハモのベニエと生海苔の焼きリゾット~クミン風味のコンソメを流して~

ハモのベニエと生海苔の焼きリゾット~クミン風味のコンソメを流して~

和と洋が上手くマリアージュした一品

イベリコ豚肩ロース炭火焼~マーマレードソース~

イベリコ豚肩ロース炭火焼~マーマレードソース~

お肉がジューシーで柔らかい。マーマレードソースが添えられているのが粋です。

ルクルーゼ鍋のカスレ ~ソーセージ・鴨もも肉・豚スペアリブ・トリッパ+ほっこり白いんげん豆~

ルクルーゼ鍋のカスレ
~ソーセージ・鴨もも肉・豚スペアリブ・トリッパ+ほっこり白いんげん豆~

食べた瞬間に南仏を思い起こさせる程の絶品。調理法にもこだわりが!
詳細はぜひお店にて…

カッペリーニ~2種類のキャビアと桃の冷製パスタ~

カッペリーニ~2種類のキャビアと桃の冷製パスタ~

キャビアの塩加減と桃の甘さが絶妙。夏にサッパリと食べられる、ちょっとデザート感覚でもいけるパスタです。
料理のメニューは毎日変わるとのこと。その料理に合わせてソムリエの方がワインをお勧めしてくれます。
ソムリエの方曰く、『シェフの料理は、酸味・甘み・塩味全てが1枚の皿で完成されている。和と洋が融合されている料理だからこそ、どんなワインも合うんです。だからお客様には、好きなものを食べて好きなお酒を飲んでいただきたい。私はその方の背中を少し押すだけです…』
気軽に入れる気さくな店の雰囲気はソムリエの方の人柄そのものなのかもしれません。
カウンター席が多いので、一人でワインを堪能するもよし。テーブル席で楽しく料理をシェアするのもよし。

夕方4時から翌日1時までオープン。ぜひ神戸に来た際にはふらりと立ち寄られてみては?

兵庫県神戸市中央区山手通3-10-8
078-331-3220
JR神戸線・阪神本線 元町駅 徒歩5分
各線 三宮駅 徒歩7分
元町駅(JR)から363m
16:00~翌1:00
夜10時以降入店可、夜12時以降入店可、日曜営業
ページ先頭へ戻る