2016.03.10

狛江の「パティスリー アノー」に訪問【導入事例】

繁盛店でサビィゴワゾー社のエンローバーがフル稼働

こんにちは!
長かった冬の寒さも少しずつ和らぎ、穏やかな日差しに春の訪れを感じる今日この頃ですが・・・・

営業のSです。
皆さん!バレンタインデーはいかがでしたか?
さぞお忙しかったことと思います。
さて、次はホワイトデーですね!!
またまた、ショコラ作りにお忙しくされていることでしょう。
頑張ってくださいね!!
さて先日、パティスリー アノーさんの狛江店にお伺いしてきました。

フランス語で「アノー」は輪を意味する言葉で・・・・・・・・
お菓子を通じて地域の方と輪を広げ、気軽に利用してもらい、また、お客様の生活に密着したお店になればという願いが込められているそうです。
昨年の「café sweets」のショコラ特集でも取材されていましたね。
café sweetsでもサヴィのキャップをかぶって取材を受けて下さいました。
そう。こちらのお店ではSavyGoiseau社のチョコレートエンローバーXMをご使用いただいています。

お人柄の良さが写真から伝わってきます~

お人柄の良さが写真から伝わってきます~

バレンタインデーまで目一杯ご使用いただいたようなので、「ホワイトデーの生産が始まるまでの間に調整しましょう」と言うことで訪問してきました。
玄人好みの微細な調整が出来るのもサヴィ社のエンローバーの大きな特徴です

忙しい仕事の合間をぬって、波乗りに行くほどCOOLなオーナーシェフの宮下哲次さん!
この日も、サヴィのキャップを着こなして頂いています。
ボンボンショコラ1つ1つも丁寧に仕事されていて、ディスプレイもさすが!

ショコラの説明もバッチリ!!わかりやす!!

ショコラの説明もバッチリ!!わかりやす!!

生菓子の写真を撮り忘れましたが、ケーキもとても美味しいです。
お忙しい中、本当にありがとうございました。
パティスリーアノー ←クリックしていただくとお店のHP

東京都 狛江市 和泉本町 3-3-25 サンミッシェル2 1F
10:00~20:00
日曜営業

ページ先頭へ戻る