2020.04.8

理想的なパンを実現するため選んだのは・・一度も使ったことの無いボンガード社オーブン!?【採用事例】

神奈川県横浜市の元町中華街の近くに昨年12月にオープンしたマリンベーカリー。

オープンを機にボンガード社のオリオンを導入した同店だが、オーナーの佐々木さんはそれまでボンガード社のオーブンを使ったことが無かったそう!
「一般的には、今までの修行先で使っていた使い慣れたオーブンを導入するのが普通なんだけどね~」と笑顔を見せる佐々木さんになぜ、ボンガード社のオーブンを選んでいただいたのか、選定の理由について伺いました。

目次


地元横浜で「フランスを感じることのできるパン屋」を目指す

『使い慣れた』オーブンより『性能に優れた』オーブン

オーブンの性能を最大限に活かしたパンを作りたい

マリンベーカリーの今後のビジョンとは・・・

 

地元横浜で「フランスを感じることのできるパン屋」を目指す


マリンベーカリー 佐々木正治氏

▼店舗概要
エコール・キュリネール国立辻製菓専門カレッジを卒業後、横浜ポンパドウルに10年間勤務。
サンジェルマン、メゾンカイザー、ドゥマゴのれん店・東急本店のシェフを経て、本社のQ・S(クオリティ・サービス)強化部にて店舗の技術指導や売上の改善などに従事。
退職後、2019年12月に地元である神奈川県横浜市の元町にマリンベーカリーをオープン。

 

ー本題に入る前に、まずはお店の紹介をお願いします
昨年(2019年)の12月にマリンベーカリーを開業しました。
お店のコンセプトは「フランスを感じることのできるパン屋」。
私自身、長い間フランスパンを主に製造しているベーカリーで働いていたことと、昨年、横浜とフランスのリヨンが姉妹都市連携60年のアニバーサリーイヤーと重なっていたこともあり、このようなコンセプトに決めました。
来店していただくお客様に、横浜に居ながらもパンを食べることで『フランス』を感じてもらえるお店を目指しています。

また、マリンベーカリーという名前の由来は、横浜に合う親しみやすい名前にしたいと思い、店舗から海や船、マリンタワーが見えることから命名しました。

ーお店の看板メニューや人気のパンについて教えてください
1番人気のパンは、バゲットです!そして2番人気はクロワッサンです。
このあたりは、パン屋さん激戦区のため、パン好きの方が多くいらっしゃいます。
自慢のバゲットは、地元の方はもちろん、本場の味を良く知る外国人の方もリピートしてくださる商品です。
そして、看板商品は、エッグタルト。多くの方が外出時の手土産として購入されます。

▲1番人気のバゲット。リヴェンドF200アロムルヴァンを使用しています

▲2番人気商品のM・クロワッサン・オ・ブールああああああああああああああああああああああああああああああ

▲お土産に大人気のエッグタルト
(左:季節限定いちごのエッグタルト 右:定番のエッグタルト)

『使い慣れた』オーブンより『性能に優れた』オーブン


ー開業にあたり、ボンガードオーブンを採用されたとのことですが、採用された経緯を教えてください
今まで働いてきたお店では、どの会社もメーカーが違うオーブンを使っていました。
普通なら、使い慣れたオーブンを使うのが一般的だと思いますが、自分のお店では最高に良い商品を出したいと思っていたので、機能・性能・デザイン性に優れたボンガード社に決めました。
選んだ理由は、女性でも簡単に操作ができる昇降機付きのエレベーターと蓄熱の高さ、プログラム設定ができることが採用の決め手でした。

ー実際に使用されてみて感じた、魅力や特長はありますか?
・プログラム構築機能
焼成温度はもちろん、スチーム(温度と時間)やダンパー(時間)を細かく設定することができます。
プログラムを組んでしまえば誰でも簡単に焼成が可能です。
私のお店はまだ従業員が少ないため、人材を確保して育てることがとても大変です。
本来であれば、一つ一つの焼成を確認しなければいけないところですが、プログラムを設定しておくだけで良いので、安心して従業員に任せられます。

・性能
窯の蓄熱性能が高いので理想的なパンが美味しく焼けます。
ハード系ならパリッと焼け、ソフトなパンであればふっくらと焼くことができます。
そして、一番上の段、4段目の窯は四面石質盤で覆われているため大型のパンを焼成するのに適しています。
まだ販売はできていませんが、近い将来、大型のカンパーニュやパン・オ・セーグルなどをお店に出していきたいと考えています。

・デザイン
やはり外観、見た目がかっこいい!
また、窯の扉がガラス張りのため窯入れしてから焼きあがるまでの経過をお客様に実際に見て楽しんでもらえます。
実は私も、パンを作りながら焼きあがっていく様子をこっそり楽しんでいます(笑)

また、お伝えした3つ以外にも、日仏商事さんのサポート体制にも満足しています。
機械・食品・研究開発と揃っているため、こちらで困った事があった場合でもすぐに対応してくれます。
オーブンの価格以上のサポート体制があるのは非常にありがたいです。

▲ご愛用いただいているボンガード社オーブンとともに

オーブンの性能を最大限に活かしたパンを作りたい


ー今後、ボンガードオーブンを使って作ってみたいパンはありますか?
上記でも述べたのですが、大型のパンを作ることです。
4段目の窯の性能(四面石質盤)を一番発揮できるのはやはり大型のパンです。
外から店内が良く見えるガラス張りのお店だからこそ、大型のパンを外から見えるように置いておくだけで通りがかったお客様の目を惹きますし、喜んでもらえるのではないでしょうか。
まずは、週末の金・土・日の3日間限定などで販売してみたいと考えています。
お客様に浸透してきたら毎日でも焼きたいですね。

ー現在ボンガード社のオーブンを検討している方に選定のアドバイスはありますか?
国内に数あるオーブンの価格と比べると、ボンガード社のオーブンは高価な買い物だと感じるかもしれません。
しかし、機能・性能・見た目・サポート力などすべて踏まえて考えてみてはいかがでしょうか。
長期的にお店を続けることを考えると、とても良い買い物だと私は思います。

マリンベーカリーの今後のビジョンとは・・・


ー最後に、今後のビジョンを教えてください
昨年(2019年)の12月に開業したばかりなので、まずは、地元の方に愛されるパン屋さんになりたいです。
このあたりは景色のいい場所が多いため、犬を飼っている方をはじめ、地元の方の散歩コースとしても人気のエリアです。
最近は、お散歩ついでに寄ってくださるお客様も徐々に増えてきています。
また、私自身も犬が大好きなので、犬の散歩ついでに来て下さるととても嬉しいです。
マリンベーカリーは店内から外の様子が見える造りになっているので、紐で繋いでいる愛犬の様子を確認しながら安心して買い物ができるとお客様からよくお声をいただけます。
お散歩ついで、塾のお迎えついで、買い物ついでなど、誰もが気軽に立ち寄ってもらえるパン屋さんになりたいです。

また、今後、お店で様々なイベントを開催したいと考えています。
例えば、『パンの食べ比べイベント』や『パン教室』などの開催、夏限定でかき氷を販売するなど色々なことに挑戦していきたいと考えています。

そして、商品数を増やしていきたいです。
作ってみたいパンはたくさんあるのですが、従業員数が少ないため設置したものの稼働できていない機材もあります。
今後はその機材を活用しつつ、新商品も随時販売できるようにしていきたいです。
現在の商品数は、お菓子やサンドウィッチ含めて65種類ですが将来的には100種類を目標にしています。

 

▲愛犬とのお散歩の途中でも気軽に立ち寄れるパン屋さん モデル:こんぶちゃん

▲愛犬家でもあるオーナーが考案したのはなんと骨に似せたベーコン・エピ。
その可愛らしい見た目から女性や子供に大人気の商品

編集後記


『住みたい街ランキング』1位にも輝く横浜。
観光地のイメージが強いですが、地元の方のお散歩コースとしても多くの方が行きかうおしゃれタウンです。
取材中にも愛犬とのお散歩ついでにパンを買いにご婦人がご来店されました。
お写真を撮りながら少しお話を伺ったところ、「お散歩コースにパン屋さんができたのが嬉しくって最近よく寄るのよ~。外につないでいるわんちゃんの様子が店内からよく見えるから安心して買い物ができるし、外のテラスで休憩もできるからとても気に入っているの」とおっしゃっていて、早くも地元の方の憩いの場になっている様子が見受けられました。
近くには元町中華街や山下公園など横浜の観光名所があるため、観光で訪れた際はぜひお立ち寄りください。

 

取材協力


MARINE BAKERY(マリンベーカリー)

住所:神奈川県横浜市中区新山下1-2-1
TEL:045-264-4951
営業時間:10:00~19:00
定休日:月・火曜日 ※祝日の場合は翌日休み

☞公式Facebook  ☞公式Instagram ☞公式HP

関連商品情報

 

関連記事

ページ先頭へ戻る