2020.06.5

ボンガード社 分割成形機パネオトラッド

 

すでに梅雨に入った地域、これから入る地域とジメジメと湿気が多くなる時期ですが、皆様、如何お過ごしでしょうか?
そんなジメジメ感を吹き飛ばす勢いで、今後も引き続きより良い情報をお届けさせていただきたいと思います。

さて、今回はフランスの製パン・製菓機械メーカー、BONGARD(ボンガード)社が長時間労働のソリューションとして開発した「分割成形機PANEOTRAD(パネオトラッド)」をご紹介します。
リリースして13年、マイナーチェンジを繰り返し、さらなる進化を遂げています。

 

製パン・製菓機械メーカー『BONGARD(ボンガード)』


ボンガード社は、パリから東に位置するドイツとの国境の町、ストラスブールに本拠地を置くフランスの製パン・製菓機械メーカーです。
1922年の創業以来、常に製パン・製菓機械分野のリーダー的存在として、業界を牽引してきました。
生地を捏ねるミキサーから焼成するオーブンまで、これらのあらゆる工程において、ボンガード社の機械はラインナップされており、フランスでは、現在、ブーランジュリーの約70%がボンガード社の機械を使用しています。

 

分割成形機『PANEOTRAD(パネオトラッド)』


皆様、パネオトラッドをご存じでしょうか?
ご存じのない方は、パネオトラッドの製法と作業手順を簡単に説明している動画がございますので、是非、ご覧ください。

☞パネオトラッドの動画を再生する

 

この設備だけで3時間!どれだけのパンが作れるか!!


・ オーブン:4枚差x3段
・ スパイラルミキサー:粉1袋仕込
・ パネオトラッド
・ 生地用冷蔵保管庫:バット20枚差

これらの機械を使い、3時間でどれくらいのパンが生産できるか、検証してみました。
フランスパンやフォカッチャなどの(プレーンな)食事系のパンから、ベーコンエピやチーズフランス、サンドウィッチ等の総菜系や菓子パンを含め、アイテム数17種類(総数680個)を1人で製造することができました。
(前日仕込みの生地を使用)
生産したアイテムは以下の通りです。

☞パネオトラッドのアイテム表をダウンロード

パネオトラッドを使用することで、分割・丸め・成形・2次発酵の工程を省くことができ、これだけ沢山のパンができました。
人手不足・労働環境改善・生産性向上などでお悩みの方に、ぜひオススメします!!

パネオトラッド導入例


日本ではすでに、およそ100台のパネオトラッドが導入されています。
ご採用のお客様に、インタビューさせていただいた記事がございます。
是非、ご覧ください。

美味しいパンづくりで売上アップ!ボンガード社パネオトラッド導入事例
2014年、デイジイ東川口店様に導入いただいた際、インタビューにお応えいただきました。
* ベーカリーパートナー2014年12月号に掲載

主婦に大人気の繁盛店に聞く!焼きたてのパンをタイムリーに販売する秘訣とは【導入事例】
2019年、ピーターパン様にN&Fマガジンのインタビューで、パネオトラッドの導入に至るまでの経緯と実際に使用した感想をお話しいただきました。
ピーターパン様は、4店舗でご採用いただいております。

 

ご興味をお持ちいただけるようでしたら貴社のご状況に最適なご提案をさせていただきます。
商品に関するご質問はお気軽にご連絡くださいませ。

お問合せ

関連商品情報

 

関連記事(機械課マガジン)

 

ページ先頭へ戻る