2020.11.27

大量製造に必須!大型スパイラルミキサーをご紹介

今回はKEMPER社 [ ケンパー社 ] とBONGARD社 [ ボンガード社 ] の大型スパイラルミキサーをご紹介します。

 

製パン機械のパイオニア『WP KEMPER(ケンパー)』



ケンパー社は1898年、ドイツの鉄鋼の町で創業し、現在はWP BAKERY GROUPという世界最大規模のグループ会社に所属しています。
100年以上の歴史の中で培った技術や知識を駆使し、革新的な機械を世に送り出し続けており、常に製パン機械業界をリードしてきました。
大型製造ラインのノウハウも持ち合わせており、インダストリーからリテイルのお客様まで、幅広いニーズにも応えています。

 

ケンパー社の革新的開発3ゾーンミキシング


今となっては当たり前となった、スパイラルフック・センターシャフト・回転するボウルから成るスパイラルミキサーですが、世界で初めてこのミキサーを開発したのはケンパー社です。

ミキシング中の生地は写真のようにドーナッツ状に捏ねられていきます。
ミキシングゾーン・レスティングゾーン・エアゾーンの3ゾーンを作り出すことで、様々なメリットを生み出します。

・ミキシング時間の短縮
・生地へのダメージ削減
・吸水率アップ

 

ボウル着脱式スパイラルミキサーKronos [クロノス]


クロノスはボウルの着脱が可能な大型スパイラルミキサーです。
ラインナップとしては、粉75キロ~150キロ(目安)までの仕込みが可能なモデルを揃えています。
シンプルな構造でありながら、力強いミキシングを実現し、大量の生地を仕込むことが可能です。
もちろん3ゾーンミキシングの構造を採用しております。
また、ボウルが着脱でき、フック・センターシャフトが上昇するため、清掃についても簡単です。
ボウル反転機と組み合わせれば、生地の取り出しも容易になり、作業者の手を煩わせません。

【SPEC】
・全4機種
・粉容量:3袋~5袋用
・低速/高速自動切換
・正転/反転機能

☞クロノスの動画はこちら

 

ボウル反転機HK-200


クロノスから取り外したボウルをこの反転機に装着し、一定の高さまで上昇後、ボウルを左右いずれかに傾け、生地を落とします。
ボウルを装着する方向、上昇する高さ、反転する方向はご注文時に決めていただけます。
生地を細かく切り分けることなく、直接、面台や分割機に取り出すことができるため、作業時間短縮や重労働削減に繋がります。
より効率的に生地を取り出したい場合は、ボウルスクレーパー(オプション)も併せて導入することをお勧めします。

【SPEC】
・ボウル装着方向:正面 / 右 / 左
・ボウル上昇位置:最大1800mm
・ボウル反転方向:右 / 左

ボウルスクレーパーも含め、その他のオプションについてはお問い合わせください。

☞クロノス・HK-200のカタログダウンロードはこちら

今回は大型ミキサーのみのご紹介でしたが、ケンパー社ではリテイル様向けのスパイラルミキサーも取り扱っております。

 

ボンガード社 反転式スパイラルミキサーSPIRAL EVO TL


ボンガード社では反転機能付きの大型スパイラルミキサーを取り扱っております。
その反転方式は、ボウルだけを持ち上げるというものではなく、ミキサー本体を持ち上げるというものです。

クロノス・HKとは反転方式は異なりますが、大量の生地を容易に取り出すことができます。
クロノス同様、スパイラルフックとセンターシャフトによるミキシング構造であり、赤外線温度センサーやレシピ登録機能も搭載しております。
ボウル反転機が不要で、1台2役を担っているため、資金や設置スペースに限りのあるお客様でも導入することが可能です。

【SPEC】
・全4機種
・粉容量:2袋~5袋用
・反転時のボウル下の高さ:1350mm~1420mm
・低速/高速自動切換
・正転/反転機能
・デジタル操作盤(温度センサー・レシピ登録)

反転方向はご注文時に左右からお選びいただけます。

☞SPIRAL EVO TLの動画はこちら


ご興味をお持ちいただけるようでしたら貴社のご状況に最適なご提案をさせていただきます。
商品に関するご質問はお気軽にご連絡くださいませ。

お問合せ

 

関連商品情報

ページ先頭へ戻る