2022.07.26

簡単にバリエーションを増やしたいなら、フルーツプリンで決まり!
【研究開発課が解決!】

お客様からの様々なお問い合わせや日々の製造で生じる疑問に、弊社の研究開発課で日々行っているテストやご提案でお応えします。

ーご相談内容ー
新メニュー開発にかける時間がない!でも新商品は定期的に出したい!!手軽にバリエーションを増やすレシピはありませんか?

1つの新商品を考える際、現場での試作は何度も行われていると思います。試作の回数が増えれば増えるほど、商品化までの時間がかかります。新商品を開発するための「時間・人材・アイデア」すべてが不足していると思われる方への季節ごとに新商品を出しやすくするアイテム、それはフルーツプリンです。

今回は、ベースの配合からバリエーションを出しやすいフルーツプリンをご提案いたします。

1. フルーツプリンを薦める理由


プリンはパティスリーの定番メニューの一つ。そのプリンで容易にバリエーションを出せるのでお店でも手を付けやすいアイテムではないかと思います。またフルーツの種類も多く、カラフルに四季を彩るショーケースの演出も可能です。

そうはいっても、ここは四季の移り変わりをはっきりと感じられる国、日本。皆さんのショーケースには、常に旬のフルーツが贅沢に飾られた商品が並んでいるかもしれません。フルーツピューレを使用したレシピには、フレッシュフルーツにはない魅力も存在します。それは、ピューレは冷凍ストックが可能なため、急な製造数の調整にも対応しやすいことです。

次に、レ ヴェルジェ ボワロン社のフルーツピューレの特徴をご説明いたします。

2. レ ヴェルジェ ボワロン社のフルーツピューレを使うメリット


レ ヴェルジェ ボワロン社についてはこちらをクリック

レ ヴェルジェ ボワロン社のフルーツピューレには以下のようなメリットがあります。
① 殺菌されているため、加熱しないレシピでも安心。
② 無加糖の100%タイプが多く糖度やpH も調整されているので、ゼリーやアイスの素材にする際にもフレッシュフルーツを使った時のような微調整が不要。
③ 味わいだけでなく、安定した色ができるように徹底した品質管理がされている。

以上の内容からレ ヴェルジェ ボワロン社のフルーツピューレを使うことで安定したフルーツプリンを作ることできます。

3. フルーツプリンのメリット


① 生地のベースをほぼ変えずにピューレの種類を変えるだけで新商品作りが可能。
② 季節が変わってバリエーションを増やしても、包材を流用できる。
③ ピューレが変わっても、作り方は変えずに済むため、製造スタッフへの指導も容易。

以上のメリットがあります。では、製造上どのようなポイントがあるのでしょうか?

4. フルーツプリンの製造ポイント


① 寒天ベースのゲル化剤は牛乳でしっかり溶かし、最終的なプリン液の温度が50℃を下回らないよう注意。
② ゼラチンではなく、寒天ベースのゲル化剤を使用することで、タンパク質分解酵素が強いフルーツでも対応可能。
③ 柑橘系のピューレを使用する際は、フルーツの風味を生かすために、牛乳と生クリームの割合を減らしてピューレを増やし、味のバランスをとる。

以上のポイントを押さえることでフルーツプリンを安定して作ることができます。

レシピ詳細

5. まとめ


今回の記事では、お子様からご年配の方まで、多くの方が大好きなプリンに注目し、カラフルなフルーツプリンとしてご紹介しました。フルーツ本来の味・色・風味を生かしたフルーツプリンならバリエーションを出しやすく、ショーケースを華やかに演出できます。一度に何種類か購入いただけば、食べる際にもいろいろな味を楽しんでもらえます。

研究開発課では、日々の製造で疑問を抱えているお客様の要望に応えるようテストを行っています。今回の記事以外の内容でも、何かご相談やご質問がございましたらお気軽にお問合せください。

 

ページ先頭へ戻る