2020.01.24

ボンボンショコラ東京コレクション™2019【後編】

第1部のボンボンショコラ発表会に引き続き、第2部が行われました。
第2部では、ANAインターコンチネンタル東京 36階の「MIXX バー&ラウンジ」に会場を移し、チョコレートビュッフェを楽しみながら各シェフとの交流の場が設けられました。

まずは、新作ボンボンショコラを紹介された各シェフが再度登壇し、先ほどの発表会の感想を述べられました。

その後、ANAインターコンチネンタル東京チョコレート・センセーションの一つとして行われた
「第1回チョコレートショーピースコンペティション2019(※)」の表彰式が執り行われ、優秀賞が発表されました。

※第1回チョコレートショーピースコンペティション2019とは
ANAインターコンチネンタルホテル東京が2019年10月から全館を挙げて開催していたチョコレートをテーマにした祭典「チョコレート・センセーション」。
その関連イベントとして「第1回チョコレートショーピースコンペティション2019」と題し、ANAインターコンチネンタルホテル東京を表現するキーコンセプト「The Essence of Tokyo」をテーマにしたチョコレート細工(ピエスモンテ)の作品を募集。
同コンペティションはバリーカレボージャパンの協力のもと、情熱と才能溢れるシェフやショコラティエの活躍を支援するために開催され、著名なシェフによる審査とホテルに来館するお客様の一般投票で優秀賞が決まる。

 

そして、優秀賞には、nel CRAFT CHOCOLATE TOKYOの村田 友希さんが選ばれました。

▲nel CRAFT CHOCOLATE TOKYOの村田 友希さん

 

村田 友希さんのコメント

「一言でいうとすごくうれしいです。人生30年間生きてきて、一斉にカメラを向けられてスピーチをする機会が今までなかったので、何を話したらいいか分からないのですが、まずは皆さまに感謝を申し上げます。
このコンテストに関わっていただいた関係者の皆さま、主催していただいたANAインターコンチネンタルホテル東京の皆さま、そして師匠である洋菓子マウンテンの水野氏に感謝しています。いただいた賞に恥じることのないようにこれからも頑張っていきたいと思っております。」

 

▲ボンボンショコラ発表会で登壇されたシェフと「第1回チョコレートショーピースコンペティション2019」の参加者

▲村田 友希さんと師匠の洋菓子マウンテンの水野氏、チョコレートアカデミーのお二人と

表彰式の後は、チョコレートビュッフェとともにシェフとの交流を楽しみました。
国内外で活躍するトップシェフと直接お話できる機会。
シェフは参加者の皆さまと写真を撮ったり、サインに応じていました。

▲チョコレートをメインに使用したチョコレートデザート(一例)

▲食事(一例)

第1部、第2部ともに大好評で幕を閉じた今回の「ボンボンショコラ東京コレクション™2019」。

2020年はどのようなボンボンショコラが登場するのか、今からとても楽しみです。

 

関連リンク

 

カカオバリー関連記事

ページ先頭へ戻る