2016.02.29

どん底からの…!

Domaine Grand Vallat
ローヌのBIOワインの造り手です

年末からかなりいい感じの飲み頃具合で人気がじわじわ来ております
こちらのワインはMarcとカナダ人の奥様Paulineが造っており、カナダで長年お花や野菜を無農薬で造り生計を立てていましたがMarcの地元、ローヌに戻ったのをきっかけに2002年からワイン造りを開始しました
とても仲の良いご夫婦

とても仲の良いご夫婦

彼らと出会ったのは2年前のプロヴァンスでの試飲会
食事の席が近かったことから、話が弾みワインを飲んでみたらいい意味でのインパクトがあり購入を決定しました
ワイン生産者としてはまだまだ若手なんだ・・・とMarc氏は言っておられたようにおじいちゃんが造るワインの中ではまるで若手が造るような、結構パンチのある味わいになっています
特にグルナッシュ、シラー混合品種のLe Domaineは果実味の豊かさが全面に出ており、その果実味の甘さから、徐々にシラー由来のスパイシーさが良く現れており優しさの中にも力強さを感じられる味わいに仕上がっております
今回せっかく南仏に行くならと彼らのところも訪問してみることにしました
一つ一つの畑の話を丁寧にしてくれるMarc氏

一つ一つの畑の話を丁寧にしてくれるMarc氏

実は訪れる数カ月前、彼らの醸造所がもらい火で全焼してしまったという悲しい事故がありました
私達も追加でワインをオーダーしており、そのワインも出来上がり出荷する2日前のことだったそうです
その話はメールですぐに伝えられ私自身もとても心配しておりましたが、実際に今回訪問した時には既に醸造所の一部を友人から借りまた一からワイン造りをしておられました
その時はとても落胆し、本当にショックだったよ・・・とおっしゃられておりましたが彼の人柄も良いことから周りの人が手助けをしてくれまた良いワインを造ろう!と元気を取り戻したそうです
畑は勿論全て無農薬

畑は勿論全て無農薬

この山はMont Vantoux
通称禿山と呼ばれております。笑
その通称通り、木が生えていないことから自転車などをするのに適している山だそうです
この日は秋にも関わらずお日様が照っており、気温は30度以上!!
葡萄の収穫は既に終わっておりましたが、残っている葡萄はものすごい完熟度でどれもとても甘く熟されてました

美味しいだろう?と試食が止まらないMarc氏

美味しいだろう?と試食が止まらないMarc氏

ワイン造りを行いながら今でもさくらんぼや食用の葡萄を無農薬で栽培し生協などに販売しているそうです
ワインに関しても自分の造ったワインを一人でも多くの方に飲んでいただくためにパリなどのレストランに直接出向き提案をしています
私達がワインを売る感覚ととても似ており共感を覚えました

この日は火事で燃えてしまい既にないヴィンテージのものを特別に試飲させていただきました
2013年ヴィンテージは葡萄が不作だったことから味わいとしては少し物足りないイメージ・・・ですが今度また入ってくるもの2015年ヴィンテージのためとても期待できます!
実際に葡萄を圧搾し、ワイン醸造途中のものを試飲させていただきましたがとても良いものができそうな期待のできるものばかりでした
5月以降になりますが前回あっという間に完売してしまったメルロー100%のLe Merleも再入荷致します
火事前に造られた今となっては奇跡のヴィンテージLe Domaineの2011年も残り僅か・・・
今が特に飲み頃ですのでご購入はお早めに・・・!

彼らの唯一の子供 Angelちゃん 『ぜひうちのワインを飲んでみてほしいニャあ~♪』

彼らの唯一の子供 Angelちゃん 『ぜひうちのワインを飲んでみてほしいニャあ~♪』

飲んだ瞬間にまるでローヌにいるかのような感覚になる彼らのワイン
ぜひ見つけたら飲んでみてくださいね♪

 

ページ先頭へ戻る