2018.10.22

チョコレートの世界大会【WORLD CHOCOLATE MASTERS ワールドチョコレートマスターズ】

『ワールドチョコレートマスターズ』開幕まであと少し!
ワールドファイナルの競技内容とは?

2018年10月31日~11月2日にパリで、『ワールドチョコレートマスターズ』のワールドファイナル2018が開催されます。『ワールドチョコレートマスターズ(以下WCM)』とは、ショコラティエが技術を競うチョコレートのワールドカップのようなもので創造性に富んだ製品の使用法や、意外な食品の組み合わせ、食感や風味を工夫するなどして革新的なチョコレートを提案するクリエイティビティ溢れる大会です。今回で第7回目の開催となるWCMは、当社で取り扱いのあるフランスのプレミアムクーベルチュールチョコレートメーカー「カカオバリー®」の主催により、3年に一度開催されています。そして、大会のメインイベントといえるワールドファイナルは、約12万人以上の来場客が訪れる「サロン・デュ・ショコラ」会場の中央部で開催されます。


チョコレートガストロノミーの未来を創造する

WCM2018の開催テーマは「FUTROPOLIS(フュートロポリス)※」。
※FUTURE(未来)とMETROPOLIS(大都市)を掛け合わせた造語
各国の代表に選ばれた20名のファイナリストたちは、このテーマを足掛かりにチョコレートガストロノミーの将来についてイメージを膨らませ、いくつもの課題に挑みます。遠くない将来、私たちはどんな場所に暮らし、何を食べ、何を見ているのか。そして、チョコレートは私たちにどのような喜びを与えてくれるだろうか・・・

とても難しいテーマです。みなさんは、どんなイメージが膨らむでしょうか。このテーマがシェフたちによってどう解釈され、表現されていくのか楽しみでもあります。

 


日本代表に選ばれた垣本晃宏シェフとは?

日本代表を決める最終選考は、2017年に開催されたジャパン・ケーキショー(東京浅草)会場内で開かれました。

最終選考では書類選考を通った10人のシェフたちが実技審査に挑み、そこで、圧倒的なパフォーマンスを見せ、
代表の座を勝ち取ったのが「アサンブラージュカキモト」(京都)の垣本晃宏シェフでした。

<垣本晃宏シェフ プロフィール>
1970年生まれ。「京都ロイヤルホテル」にて料理シェフとして勤めた後パティシエに転身。「神戸菓子S パトリー」スーシェフ、「アトリエアルション」シェフ パティシエを経て、「サロンドロワイヤル京都」のシェフショコラティエを勤める。数々の受賞歴を持ち、2013年には「ワールド チョコレート マスターズ2013」の日本代表として出場し、世界第4位に輝く。2017年に自店「アサンブラージュ カキモト」を京都にオープンした。

http://www.assemblages.jp/


開幕まであと少し!ワールドファイナルの競技内容とは?

選手たちは大会初日と二日目に、ラウンド1、ラウンド2の競技に挑みます。
二日間の審査結果から上位10名に選ばれた選手のみが最終日のラウンド3の競技の出場権を得て、
2018年ワールドチョコレートマスターの称号を狙うことができるのです。

●ラウンド1 / 10月31日

課題1:The Futropolitan
(フュートロポリタン)
チョコレートのみでつくるピエスモンテの提案
0

課題2:Chocolate Travel Cake
 (チョコレートのガトー・ド・ボワイヤージュ)
旅行など持ち歩きに適したチョコレートの「ガトー・ド・ボワイヤージュ」の提案
0

●ラウンド2 / 11月1日

課題3:Futrology
(オールノワール フュートロロジー)
大会前に、選手たち一人一人が作ったオールノワールチョコレートの提案

課題4:Chocolate Snack to Go
(チョコレートスナック トゥーゴー)
屋台で買って、歩きながら食べれるようなストリートフードをコンセプトとするスナックチョコレートの提案

課題5:Moulded chocolate bonbon
(チョコレートの型抜きボンボン)
各選手たちが作ったオールノワール(※)チョコレートで作るモールド

(※)オールノワールとは・・・
カカオバリーが175年以上にわたり蓄積した確かな専門知識とシェフの思い描くイメージを融合させることができるチョコレートです。厳選された世界各国のカカオ豆、チョコレート製造の設備、品質検査の機会をご自身で用意することなく、理想の味を創れます。

●ラウンド3/11月2日

課題6:Fresh Patisserie of Futropolis
(パティスリー”フュートロポリスのフレッシュフレーバー”)
フレッシュな材料を使い、砂糖の使用を抑え、冷凍庫を使わずに一から作りあげる生菓子の提案

課題7:Chocolate design  City of Tomorrow
(チョコレートデザイン”シティ オブ トゥモロー”)
6種類以上の技法を使用して、テーマである「Futropolis(フュートロポリス)」を反映したチョコレートのショーピースに提案


WCMについてもっと知りたい!

WCMのファイナリストや審査員の詳しい情報は下記URLからもご確認いただけます。
また、ワールドファイナルの様子は下記サイトでもライブ配信されますので是非ご覧ください。

www.worldchocolatemasters.com

facebook.com/worldchocolatemasters

Youtube ワールドチョコレートマスターズ チャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCyqZ6vjsx_PX66PNiyLFt-w

この他、当社からも現地サポートとして垣本シェフと同行している社員からのレポート記事をN&Fマガジンでも11月中旬頃に掲載予定ですので、ぜひお楽しみに。

ページ先頭へ戻る