2016.08.8

CACAOBARRY CHOCOLATE ACADEMY

当社が取り扱うチョコレートブランド、カカオバリーの中核施設のひとつにチョコレートアカデミーがあります。

パリのサンラザール駅から電車に揺られること50分。セーヌ河畔のすばらしい環境の中にあるムーランサイトはバリカレボーグループでもカカオバリーに特化した施設が立ち並びます。その敷地内には工場、事務所、オールノワールラボ(オーダーメイドチョコレートが作れます)、そして、今日ご紹介するチョコレートアカデミーが点在しています。

チョコレートアカデミーとは?

ムーランサイトのチョコレートアカデミー

ムーランサイトのチョコレートアカデミー

チョコレートアカデミーは、カカオバリーブランドのチョコレートに関する情報の発信源であり、チョコレートの専門的な知識、技術の習得に使っていただけるプロフェッショナルの皆様のためのテクニカルベースです。

アカデミーでは施設長としてMOFのフィリップ ベルトランを筆頭に、常駐するショコラティエが複数おり、チョコレートに関するプロフェッショナルの皆様のニーズにお応えするべく、彼らが講師となって通年で1日から3日に渡る技術プログラム(講習会や実技トレーニング)の提供を行っています。

このプログラムはテーマに沿って展開され、たとえば、「復活祭」や「クリスマス」といった歳時記をテーマにした講習会や「ボンボン」、「アントルメ」といったカテゴリー別の講習会といった具合に多種多様なコンテンツを提供しています。

常駐のショコラティエやパティシエだけではなく、カカオバリーブランドのネットワークを通じて、ブランドアンバサダー(大使)に任命された世界中のショコラティエたちが特別に講習会を開催することもあります。

チョコレートアカデミー(ムーラン)2016年度のプログラム内容はこちらから

また、これ以外にもカカオバリーブランドのチョコレートの発表会の作品やカタログ用のお菓子の作成といった実務も行っていますし、チョコレートの魅力を最大限に伝えるために、各種チョコレートを使ったおいしいお菓子やチョコレートボンボンのレシピの開発なども重要な仕事となっています。

雑誌掲載用のオブジェを作成中のショコラティエ

雑誌掲載用のオブジェを作成中のショコラティエ

アカデミー専属シェフのマルタン ディエズ(左)とトマ アルフォシーヌ(右)

アカデミー専属シェフのマルタン ディエズ(左)とトマ アルフォシーヌ(右)

チョコレートアカデミーはチョコレートに携わるプロフェッショナルの皆様のための施設ですので、ご興味があれば気軽に当社の営業までお問い合わせください。
プログラムに興味があって参加したいけどフランス語に自信がない、またはフランスは遠すぎる、という方には東京にもチョコレートアカデミーが存在します!
こちらはバリーカレボーグループ共通の施設となっていますが、カカオバリーブランドに特化したプログラムも提供していますので、お気軽にご相談ください。
2016年度のカカオバリーブランド向けプログラムはこちらから
ページ先頭へ戻る