2020.10.2

ボンガード社 スパイラルミキサー

今回は機能性とデザイン性を合わせ持つボンガード社スパイラルミキサーのご紹介です。

 

製パン・製菓機械メーカー『BONGARD(ボンガード)』



ボンガード社は、パリから東に位置するドイツとの国境の町、ストラスブールに本拠地を置くフランスの製パン・製菓機械メーカーです。
1922年の創業以来、常に製パン・製菓機械分野のリーダー的存在として、業界を牽引してきました。
生地を捏ねるミキサーから焼成するオーブンまで、これらのあらゆる工程において、ボンガード社の機械はラインナップされており、現在、フランスではブーランジュリーの約70%がボンガード社の機械を使用しています。

 

ボンガード社  スパイラルミキサーEVOシリーズ


スパイラルミキサーの良さはそのままに、低速・高速タイマーを10パターン登録することができます。
製パン技術者の為に考えられた設計でデザイン性と機能性を両立しています。

 

ここがポイント!スパイラルミキサーの特徴


生地の混ざりが早い
ボールが回転し、センターバーによって生地が分散して捏ねられる為、生地が早く繋がります。
バターやオイルの混ぜ込みなどもしやすくなり、クルミやレーズンなどの形も残りやすいです。

生地の伸び
生地がフックから逃げてレスティングゾーンで休んでから再度捏ねられる為、伸びやすい生地に仕上がります。

焼成/食感
伸びのある生地が得られることで、
焼成時の窯伸びも良くなりボリュームのある製品が焼き上がります。
生地が十分に伸びて焼きあがることで、歯切れのいい食感のパンとなります。

 

生産規模に合わせて選択可能!EVOシリーズ ラインナップ


デジタル操作盤

赤外線温度センサー

レシピ登録(10種類)

EVOシリーズのラインナップは全10種類!
最も容量の小さい50EVOの場合粉で約1キロ~約20キロ、大きいものでは約3キロ~約125キロまでミキシングすることができます。
デジタル操作盤での操作となり、レシピの登録により、慣れていない方でも簡単に使用することができます。
生地温度を測定する赤外線センサーがついており、生地温度の確認も簡単に行うことができます。
また、中規模以上の生産者様へ反転機付ミキサーも容量別で3種類ご用意しております。
容量の少ない機種で粉量最大約62.5キロ、一番容量の多い機種で粉量最大約125キロをミキシングすることができます。
容量の多い生地の取り出し作業負担軽減にぜひご活用下さい。

☞メーカーの公式動画はこちら

 

オンライン講習会開催のお知らせ


昨年からベーカリー様へ「時短」をテーマにソリューション講習会を開催してきました。
今年は7月初旬に開催予定でしたが、新型コロナウィルスの感染拡大防止のため延期とさせていただき、皆様には大変ご迷惑をお掛け致しました。
今年はさらに作業工程ごとの機械にフォーカスした講習会となっており、全4回のうち最初の2回はミキサーに焦点を当てた回となります。
後半の2回は分割機に焦点を当て分割工程での時短の実現をご提案致します。

10月29日(水)、11月10日(火)の回ではスパイラルミキサーを活用した効率的なミキシングをお教え致します。
さらに、ミキシング回数を減らしつつ、同じ生地でも商品の差別化を図り、どのように効率化と差別化を実現するのかご紹介致します。
一例ですが、上記の写真の様に1つのクロワッサン生地に対しパート・ルージュやノワールを組み合わせ、5種類程の商品群を生産し、スパイラルミキサーを活用し効率と多品種を両立する方法を講習会の中でご紹介致します。
この他にも、パン・ド・ミやバゲットの生地から多品種生産をする方法をご紹介致します。
講習会は参加費無料、オンラインにて行います。
参加されたいお客様は以下より、日程をご選択していただきお申し込みください。

☞講習会のお申込みはこちら

 

ご興味をお持ちいただけるようでしたら貴社のご状況に最適なご提案をさせていただきます。
商品に関するご質問はお気軽にご連絡くださいませ。

お問合せ

関連商品情報

 

関連記事(機械課マガジン)

 

ページ先頭へ戻る