2020.10.14

ボワロンヘビーユーザーのシェフに聞く!ボワロン採用事例 ~エクラデジュール編~

東京都江東区東陽町に本店を構えるエクラデジュール。
地元の方から愛される人気パティスリーが2020年6月19日、大型商業施設や高層マンションが立ち並び、新たな生活の拠点として注目を集める豊洲の新エリア、アーバンドック ららぽーと豊洲3(豊洲ベイサイドクロス)にエクラデジュール 豊洲ベイサイドクロス店として2号店をオープンしました。

シンプルかつ洗練されたデザインのショーケースに並ぶ煌びやかなケーキの数々。
実は、並ぶケーキのほとんどにフルーツが使用されており、レ ヴェルジェ ボワロン商品の使用率は、なんと90%以上とのこと!
なぜ、同ブランドの商品を選んでいただいているのか、オーナーシェフの中山様に採用の理由について伺いました。

株式会社エクラデジュール 代表取締役社長
中山 洋平 氏

1979年東京生まれ
ホテル日航東京などを経て渡仏。パトリック・シュバロ(オート・サヴォワ)、アルノー・デルモンテ(パリ)で修行。
帰国後は、銀座菓楽(銀座)、ルエールサンク(京橋)のシェフパティシエを務め、2014年9月エクラデジュールパティスリーをオープン。
製菓製パン業界の国内最大イベントジャパンケーキショーでは、大型工芸部門、連合会会長賞を受賞(優勝)他、受賞歴多数。

 

豊洲新エリアにエクラデジュール2店舗目を出店!


ーまずは、新店オープンおめでとうございます!
 お店の紹介と、なぜ豊洲に2号店をオープンされたのか理由を教えてください。
豊洲の街づくりとして、エクラデジュールのようなお店を入れたいということで2店舗目出店のお話をいただきました。
しかし、実はそのお話をもらった時、2店舗目を出店するということは全く考えていませんでした。
理由は2店舗を作ってしまうと商品のクオリティを維持できないと思っていたからです。
しかし、本店だけだとできることが限られてくる、もっと従業員に色々な経験をさせてあげたい、また給与も増やしてあげたいという想いがあったため、出店を決意しました。
本店(東陽町)と同じ「地元に愛されるお店を作ろう」というコンセプトのもと、クオリティを担保するため、豊洲店は製造機能を持たない店舗として運営し、ケーキは毎日本店で作り配送しています。

▲毎日本店より配送されるケーキの数々

▲店内の様子

ーお店の人気商品を教えてください。
人気商品は、シュークリーム、ショートケーキ、プリンですね。
本店も豊洲店もどちらの店舗でも定番の商品が人気です。

▲人気の定番商品 手前からシュークリーム、極みプリン、ショートケーキ

使用率90%!シェフ一押しのレ ヴェルジェ ボワロンを使用したケーキを紹介


ーさて本題ですが、まず、レ ヴェルジェ ボワロンを採用された経緯を教えてください。
フランスで修行していた時、使っていたピューレがボワロンでした。
また、日本で修業していたお店でもほとんどボワロンを使用していたので、現在も使い慣れたボワロンを使用しています。
修行時代から使用しているということもあって、やはりボワロンが使いやすいです。
それと、日仏商事の営業の存在も大きいですね(笑)
現在、販売している生菓子の90%はボワロン商品を使用しています。

ー90%もご使用いただいているのですね!
 同ブランドの商品を使用したケーキの中で一押しを教えてください。
タルトレットミルティーユとパッションショコラです。
タルトレットミルティーユは、ボワロンのミルティユホールを使用しています。
このミルティユホールにはボワロンを必ず使用するというこだわりを持っています。

また、パッションショコラに関してはパッションフルーツピューレを使用しています。
パッションフルーツは夏のイメージが強いですが、あえて今季の秋の新作商品として販売しています。

▲左:タルトレットミルティーユ  右:パッションショコラ

ー同ブランドのピューレの中でお気に入りのフレーバーはありますか?
フレーズの加糖とフランボワーズ(100%)です。
フルーツの野性味をよりダイレクトに感じられるというところが魅力だと思います。

 

シェフが語る、レ ヴェルジェ ボワロンの良さとは?


ーシェフが思う同ブランドの良さはどのようなところですか?
味はもちろんですが、最近変わったパッケージはとても使いやすいです。
蓋はアタッチメントがカチッとはまる為ピューレのこぼれる心配がなくなりました。
使い終わった空き容器はタッパーにして再利用しています。

▲レ ヴェルジェ ボワロンの商品を使用したプティガトー

 

ー最後に、 レ ヴェルジェ ボワロンを使って作ってみたい商品はありますか?
豊洲ベイサイドクロス店は、カフェスペースがあるので、カフェで提供できる商品(ドリンクやスムージーなど)をボワロンを使って作りたいと考えています。

▲エクラデジュール 豊洲ベイサイドクロス店 イートインスペース

取材後記


今回は、レ ヴェルジェ ボワロン採用事例第一弾として、エクラデジュール様にお伺いしました。

豊洲駅の出口すぐにオープンした同店は、アクセスも良く、東京ベイエリアという近未来的な街並みにぴったりでシンプルかつスタイリッシュなお店でした。
シンプルなお店に映えるショーケースに並べられた煌びやかなケーキの数々。
フルーツを使用したケーキが多いこともあり、目を惹かれるケーキばかりでどれを選ぶか迷ってしまうほど・・
そして、販売されているケーキの90%はボワロンを使っていただいているということに驚きと感動でした!
中山様に取材中、「やっぱりボワロン」という言葉を弊社営業と合言葉のように仰っていたのがとても印象的で、
ボワロン愛が強く感じられ、私自身も嬉しくなりました。

続編もお楽しみに!

取材協力


エクラデジュール 豊洲ベイサイドクロス店

住所:東京都江東区豊洲2-2-1 ららぽーと豊洲3 1F
TEL:03-5534-8966
営業時間:10:00~20:00 ※6/22(月)~は施設の短縮営業時間に準ずる
定休日:火曜日

公式HP ☞公式Facebook  ☞公式Instagram 

関連商品情報

 

関連記事

ページ先頭へ戻る