2020.11.11

食卓にフランスパンを!フランスパンの日をより楽しめるレシピをご紹介

11月28日は「フランスパンの日」。
1945年にレイモン・カルヴェル氏により日本に伝えられた本場フランスのフランスパン。
フランスパンの日は、たくさんの人においしいフランスパンを食べてもらいたい。そんな職人の想いから11月28日を「いいフランスパン」と読み、「フランスパンの日」として正式に記念日認定されました。

さて、今回は今月末に迫ったフランスパンの日にちなみ、フランスパンのレシピ特集!
トラディショナルなレシピの紹介から、おすすめのアレンジ方法まで盛りだくさんの内容でお送りします。

 

トラディショナルなレシピのフランスパンを作りませんか?


フランスパンの日にはトラディショナルなフランスパンを食べていただきたい!
そこで、フランスパンのレシピ、3種類(ディレクト法、パートフェルメンテ、成形冷蔵)をご紹介します。

①ディレクト法

レシピ詳細

②パートフェルメンテ

レシピ詳細

③成形冷蔵

レシピ詳細

 

フランスパンアレンジおすすめ


フランスパンは、食事にデザートに様々なシーンで登場します。
皆さんはどのように食べるのが好きですか?
フランスパンの日は、ぜひ本場のフランスで食べられているようなシンプルなアレンジで、フランスパンの風味や食感を最大限に楽しんでみるのをご提案されてみてはいかがでしょうか。
今回は忙しい朝におすすめしたいフランスパンに合う食材を一緒にご紹介します。
店頭販売にも最適です。ぜひ、フランスパンと一緒におすすめしてみてはいかがですか?

 

ジャム部門


サバトン

マロン製品でお馴染みのサバトン社が作る伝統的なフルーツジャム。
新鮮なフルーツを使い、果肉たっぷりに仕上げたサバトン社のフルーツジャムはパンに塗るだけでフランス気分を味わえる一品です。
プロヴァンス生地のオリジナルキャップ付きで見た目もカワイイ。
お店に陳列するだけで陳列棚が映えること間違いなしです!

 

ピエラル

エッフェル塔が描かれたパッケージが特徴的なピエラルを並べて陳列棚をフランス風に変えてみませんか?
定番のフレーズジャムから日本では珍しいローズジャム、フィグジャムなどバリエーションも豊富に取り揃えております。
お店のパンに合うジャムがきっと見つかるはず!

 

バター部門


ラ・ヴィエットバター

酪農の盛んなフランス中西部ドゥーセーブル地方で作られる、AOP認定されている発酵バター。
水分量が少なく濃厚で高級感のある味わいからTVでも度々紹介されています。

 

ハチミツ部門


アピディス

フランスの老舗ハチミツメーカーのアピディス社。
添加物を加えずに瓶詰めされたハチミツは香り高く、深い味わい。
全11種類のフレーバーを季節ごとに変えてみるのも面白いかもしれません。

 

ラスクにすればギフトにも最適!


自宅用に購入される方が多いフランスパンですが、実は贈り物にも最適なのをご存知でしょうか?
フランスパンをスライスしてオーブンで乾燥させ、カカオバリーのパータグラッセにつけてフォンデュすると、ワンランク上のラスクが楽しめます。
そこで日仏商事から、チョコレートラスクギフトBOXを提案!(包装パッケージは柳井紙工株式会社様御提供 既製品フォンドルを使用)
ジャムやハチミツだけでなく、フランスパンも贈り物としてお客様に購入していただく。フランスパンの販売方法のひとつとして検討されてみてはいかがでしょうか。

【ラスクレシピ】
①フランスパンを1.5㎝の厚さにスライス
②コンベクションオーブン120度で15分間乾燥させる

ページ先頭へ戻る