2020.08.7

ボンガード社 新型オーブン Soleo EVO


暦では、本日立秋を迎えましたが、秋とは名ばかりの暑い日が続きそうです。

リニューアルされたボンガード社のオーブン、Soleo EVOのご紹介です。
様々なベーカリーに対応し、より美味しく焼成できる新型ソレオの機能をご紹介していきます。

 

製パン・製菓機械メーカー『BONGARD(ボンガード)』


ボンガード社は、パリから東に位置するドイツとの国境の町、ストラスブールに本拠地を置くフランスの製パン・製菓機械メーカーです。
1922年の創業以来、常に製パン・製菓機械分野のリーダー的存在として、業界を牽引してきました。
生地を捏ねるミキサーから焼成するオーブンまで、これらのあらゆる工程において、ボンガード社の機械はラインナップされており、フランスでは、現在、ブーランジュリーの約70%がボンガード社の機械を使用しています。

 

リニューアル!Soleo EVO


☞メーカーの公式動画はこちら

 

さらに美味しく、より美しく焼成 Soleo EVOのポイントをご紹介!


1.ドアタイプの選択が可能に
2.タッチスクリーン操作盤へ進化
3.蒸気注入がより正確に
4.日々のメンテナンスがより簡単に

 

ドアタイプの選択が可能に


Soleo EVOは2タイプに分かれ、外開き、内開きの選択が可能になりました。
パティシエタイプ → 外開き
ブーランジェタイプ → 内開き
前モデルの上方向への外開きのみから、内開きが選択可能になったことにより
ドアハンドルの操作、挿入盤の抜き挿しが容易になり、焼成室奥の製品が取り出しやすくなりました。

 

タッチスクリーン操作盤へ進化


全段を一括制御するタッチスクリーンパネルを搭載しました。
これにより、
・レシピ登録
・温度変更が必要な菓子パンなどの自動ステップ焼成
・以前の各段制御の操作盤より省エネ
など、様々な機能が追加され、どなたでも簡単にオーブンを操作できます。

 

蒸気注入がより正確に


蒸気注入が以前は秒単位だったものから、ml単位の管理に改善されました。
これまでよりもさらに正確な蒸気の注入が可能となりました。

 

日々のメンテナンスがより簡単に


ブーランジェタイプのドアガラスは清掃時に取り外す必要がなくなりました。
これにより、ドアガラスの裏面にアクセスしやすくなり、清掃が容易になりました。
また、電球もオーブン前面から交換でき、日々のメンテナンスをお客様ご自身で、より簡単に行うことができるようになりました。

今回のリニューアルでお客様にご満足いただけるような機能が追加されました。
・お客様に合わせたカスタマイズ性
・人材不足の中、どなたでも同じように焼成可能なシステム
・よりユーザーフレンドリーになったメンテナンス
など、より良い製品をより簡単にどなたでもが焼成できるよう進化しました。

 

弊社、東京事業所にてSoleo EVOの展示をしております。
見学、テストベイキング等も可能ですので、ご興味ある方は以下のボタンからお気軽にお問い合わせくださいませ。
貴社のご状況に最適なご提案をさせていただきます。

お問合せ

関連商品情報

 

関連記事(機械課マガジン)

 

ページ先頭へ戻る