2022.07.19

フランスの旬を楽しむ、ミラベルのフレッシュなデザートレシピ 【Connexion Vol.17】

人と人を繋ぐ架け橋『Connexion(コネクション)』Vol.17です。
(『Connexion(コネクション)』の説明はこちらから
いよいよ夏本番、フランスでは待ちに待ったミラベルの季節がやってきました。 世界の生産量7割を誇るフランスロレーヌ地方では、8月下旬から9月中旬までに最盛期を迎えます。旬のミラベルは、優しく上品な甘みと爽やかな香りが特徴です地元ではその黄金色の色合いから「ロレーヌの宝石」と呼ばれ地域に根付き愛されているフルーツです。

 

ミラベルのはとても短い 


そんな愛されフルーツのミラベルですが、旬の時季は5週間程度であっという間に終わってしまいます。旬が短いこともあり地元の人たちは、そのままで食すだけでなくジャムやコンポート、タルトやお酒などに加工して一年中楽しめるようさまざまな方法で保存をするのが一般的なのだそう。

本場フランスでこれほどにも重宝されているミラベルですが、昨年から冷凍ピューレとしてレ ヴェルジェ ボワロンで取り扱いを開始しました。短い旬の美味しさをメーカー独自の厳密な管理、こだわりの製法によってぎゅっと閉じ込め、日本ではなかなか味わうことができないフレッシュな味わいをいつでも楽しむことができるようになりました。 

そこで皆さまにミラベルのピューレの美味しさと魅力を知っていただくために、権威ある国際製菓コンクール『シャルルプルースト杯』の2018年大会優勝者である石黒啓太シェフに、ミラベルのピューレを使用した夏にぴったりのフレッシュな一品を考案していただきました。日本ではまだまだ珍しいミラベルのフレッシュな味わいで、今年の夏は他店との差別化を図ってみてはいかがでしょうか? 

 

<ミラベルを使用したレシピ>

ムース ミラベル ラヴァンド 


ミラベルの「フレッシュさ」を感じてもらう為に、極力シンプルな組み合わせを意識しました。の引き立て役として、ラベンダーの香りをヨーグルトベースのムースに加え爽やかな印象ミラベルの旬と同じ夏の半ばから秋頃シーズンにぴったりなスイーツです。  

<石黒 啓太 氏 プロフィール>
2014年:イーストギャラリーのシェフに就任
2017年:内海杯技術コンクール優勝
2018年:ルレ・デセール シャルル・プルースト杯優勝
    同時にピエス部門、味覚部門、一般消費者による投票部門も獲得
2021年11月:自店「Livrêve(リヴレーヴ)」独立開業 

 

【使用商品紹介】

冷凍ピューレ ミラベル [レ ヴェルジェ ボワロン]関連商品はこちら
優しい甘味と爽やかな香りが特徴地元フランスロワール地方でれているミラベルがピューレになりました。ソルベやヴェリーヌをはじめさまざまなお菓子づくりにぴったりです

 

 

 

 

ページ先頭へ戻る