2020.07.22

世界各国のホテルに認められた、半製品・完成品メーカー ラ ローズ ノワールの魅力

弊社取り扱いブランドの一つ「ラ ローズ ノワール」

既にこのブランドをご存じの方も多いと思いますが、今回は本ブランドの魅力、製品づくりのへのこだわり、そして企業全体の取り組みなど、ラ ローズ ノワールにフォーカスをあててご紹介していきます。

ラ ローズ ノワールってどんなブランド?


ラ ローズ ノワール社は、1991年スイス人パティシエ ジェラール・デュボワ氏が香港に開いたブーランジュリー・パティスリー。
20年以上を経て、今では香港、フィリピンに工場を持ち、世界40カ国以上に製品を提供しています。
ラ ローズ ノワール製品は、ISO、HACCPなどの基準をクリアする最新の衛生設備が整った工場で、小麦粉やバターなど原材料にもこだわって製造されています。
手作業による昔ながらの製法で作られるラ ローズ ノワール製品は、ハンドメイドならではの特性を活かして、世界中のシェフたちにご愛用いただいています。
世界のキュイジニエ、パティシエの皆様を手助けするためのラインナップ。
それが、ラ ローズ ノワールのコンセプトです。

ここで、ラローズノワールの会社紹介動画をご覧ください。

 

一つ一つ手作りで製造されている商品、その魅力に迫る


ラ ローズ ノワールは、世界各国の、特にホテルのペストリーで使用されています。
その製品は、完全オートメーションされた機械製造ではなく、何と全てが手作りで製造されています。
そして、創業者のジェラール・デュボワ氏は元々ホテルのペストリー出身で、ホテルでのニーズを把握したうえで商品開発をしています。
だからこそ、現場で想定されるかゆいところに手が届く商品やホテルでの華やかなイメージに沿った商品のラインナップがされているのも納得できます。

それもあり、世界で愛用されているホテルも多く、今もなお同ブランドのファンが増え続けています。

その商品へのこだわりを詳しく紹介した動画をご紹介していきます。

●ハンドメイドにこだわる製造現場
整然と機械が並ぶ製造現場ではなく、大勢のスタッフが各セクションごとで黙々と製造を行っています。
現場では、各スタッフが熟練の手さばきで小さなタルトをフォンサージュしていく姿は、圧巻です。
工場では、1日8時間同じ工程をスタッフが繰り返し行っているので、正確に製造ができるのも納得です。

 

そしてハンドメイドにこだわる理由としては、ハンドメイドでしかできない仕上がりにできること。
詳しくいうと、タルトはシャープで複雑な形状にすることができます。

商品詳細

●現場のニーズを把握した商品ラインナップ
実際の現場にマッチしたラインナップが豊富な事もあり、現場での支持率も高い。
結婚式や二次会などのパーティーシーンでも商品は大活躍しています。

商品詳細

ラ ローズ ノワール=製菓商品!というイメージを持たれている方もいらっしゃるかも知れませんが、製菓用の半製品や完成品スイーツだけでなく、焼成冷凍プティパンもラインナップしています。
朝食やブッフェで活躍必須のこの商品には、フランス産の小麦粉を100%使用しています。

商品詳細

「探求心」、「開発力」、「開発スピード」この三拍子が揃うのはラ ローズ ノワールだからこそ


●探求心から生まれた!特注チョコレートを使用したチョコレートシェルシリーズ
フィリピン南部ダバオで生産された地域限定カカオ豆を厳選し、ラ ローズ ノワールが特注して作ったカカオ分69%のクーベルチュールチョコレートを使用して製造されています。

商品詳細

先ほどご紹介したチョコレートシェルも同様、探求心だけでなく開発力はラ ローズ ノワールが得意としているところ。
そして、輸入元である弊社スタッフも毎回驚かされるのはその開発スピード!
常に新商品がリリースされるので、お使いいただいている皆様の現場でもマンネリ化しないのも嬉しい点ではないでしょうか。
その開発力、開発スピードを紹介した動画はこちら。

 

 

製品作りへのこだわりだけでなく、社員教育、社会貢献にも注目


開発力やラインナップを紹介していると、商品に注力してしまうが、実はその精度の高い商品づくりを実現するにはラ ローズ ノワール社が考える社員教育やCSRがあるからこそ。
同ブランドの工場があるのはフィリピンですが、国内では洋菓子の知識はまだまだ低いです。
従業員のほとんどがラ ローズ ノワールで働くまでは、残念ながら洋菓子を食べた事がないというのも当たり前の状況ですが、そんな中で高品質な商品の製造ができるのは、様々な教育制度があるからなのです。
そして、CSRの一つとして「ラ ローズ ノワール基金」というものがあります。
これは、フィリピンの恵まれない地域から選抜された男女各18人に半年間、製菓製パン技術を教える全寮制の学校を運営するものです。
この学校を卒業すれば、ホテル、パティスリー、ブーランジュリーで働ける技術が身に付きます。
洋菓子の知識が低い国で、技術を得た若者が世界に羽ばたくきっかけづくりにもなっています。

CSRの取り組みについては次の動画をご覧ください。

 

いかがでしたでしょうか。
今回は、動画盛りだくさんで同ブランドのご紹介をしました。
実は、この動画はラ ローズ ノワールが制作した物です。

こういった販促活動にも力を入れており、商品だけでなく新しい動画がどんどん配信されています。
そして、その販促活動に合わせて商品をPRする為に、世界各国に同社でトレーニングを受けたセールススタッフがいます。

そのセールススタッフが弊社にも現在2名所属し皆様の現場に足を運んだり、展示会等でブランドの魅力を伝えています。


今回の記事を見て、ラ ローズ ノワールに興味を持たれた方は、ぜひ弊社までご連絡下さい。

 

 

 

関連記事

ページ先頭へ戻る