2020.09.16

記念日を活用して販売促進してみませんか。10月~12月のおすすめ記念日まとめ

次のシーズンは、
どんな企画をしよう…
どんな販売促進をしよう…

季節商品や企画を考えるのは大変ですよね。
毎年同じような企画になってしまう、競合店と差別化できない…などなど。

日々の仕事に追われ、「そんな企画考えている暇ないよ」と思われている方もいると思います。

そこで今回は秋・冬シーズンの企画に参考にしていただきたい「記念日特集」です。
定番のハロウィンやクリスマスだけでなく、意外と知らなかった記念日があるはず!

製菓製パン業界の皆さんぜひ参考にしてみてください。

 

目次


10月の記念日

11月の記念日

12月の記念日

 

10月の記念日


10月の記念日で企画する際におすすめしたい記念日をご紹介します。
▼コーヒーの日

10月1日は「コーヒーの日」。
全日本コーヒー協会が、10月1日はコーヒー年度のスタートにあたり、これからの季節、温かいコーヒーがよく飲まれるようになることから、この日を「コーヒーの日」と制定しました。

ホットコーヒーの需要が高まる時季に合わせて、コーヒーと相性の良いお菓子やパンをラインナップに加えてみませんか。

おすすめするコーヒーに合うお菓子は「カヌレ」と「マドレーヌ」です。
弊社で取り扱う完成品タイプの「カヌレ」と「マドレーヌ」はオペレーションが非常に簡単!
リベイクするだけで手軽にコーヒーのプラス一品のスイーツメニューが完成です。

☞カヌレの紹介はこちらから
☞マドレーヌの紹介はこちらから

そして、パンではコーヒーに合うパンのレシピをご紹介します。

☞コーヒーに合うパンのレシピはこちらから

カフェを併設しているお店に特におすすめです!

 

▼まごの日

9月の第3月曜日の「敬老の日」からほぼ1ヶ月後の10月の第3日曜日を、おじいちゃん、おばあちゃんから、孫にメッセージを伝える日にしようと日本百貨店協会が、百貨店のもつ商品性、文化性、交流性を生かして社会にアピールしていく為に、この日を「まごの日」に制定しました。

お孫さんに会いに行く際には、子供が大好きなお菓子やパンを持って、楽しい団らんの機会にして欲しいですね。

この時季におすすめのマロンを使ったお菓子やパンはいかがですか?
マロンの事なら、サバトンのマロン製品がおすすめです。

☞サバトンのマロン関連の商品詳細はこちらから

 

▼初恋の日

10月30日は「初恋の日」。
1896年(明治29年)の10月30日、島崎藤村が「文学界」46号に「こひぐさ」の一編として初恋の詩を発表したことから、藤村ゆかりの宿の長野県小諸市の老舗旅館「中棚荘」がこの日を「初恋の日」と制定しました。

「初恋」…。
この言葉を聞くとどこか甘酸っぱいイメージを思い出してしまいますね。
初恋のイメージにマッチする甘酸っぱいリンゴを使った商品を販売してみませんか?
夫婦、恋人同士が初恋を思い出し、お菓子やパンを買いに来るきっかけになればいいですね。

そこで甘酸っぱいリンゴ関連の商品をまとめてみました。

☞レ ヴェルジェ ボワロンの冷凍ピューレ(青リンゴ)の商品詳細はこちらから
☞ブロヴェールのコンポートポムの商品詳細はこちらから
☞ディーエルエーナチュラルズのフルーツフィリング(アップル)商品詳細はこちらから

 

11月の記念日


11月の記念日で企画する際におすすめしたい記念日をご紹介します。
▼いい色の日

11月16日は「いい色の日」。
愛知県下で塗装と塗料に関する事業を営む業界の団体「愛知昭和会」が1991年11月16日に、「色」が日常生活に与える影響を見直すとともに、塗装の持つ
(1)美粧性
(2)機能性
(3)簡易性
などを広くアピールするのを目的として、この日を「いい色の日」と制定しました。

この記念日にちなんで、お店のテーマや自分が思い描いているオリジナルのカラーをお菓子やパンで表現してみませんか?
普段販売している商品のカラーを変更するだけでまた違ったイメージの商品になるはず。

お菓子でカラー提案をする際におすすめの商品は以下です。

☞IBCのパワーフラワーを活用方法はこちらから

クリームパンやシュークリームのカスタードをカラフルにする際は、DLAナチュラルズのフルーツフィリングが
おすすめです。

☞DLAナチュラルズのフルーツフィリングの商品詳細はこちらから

 

▼ピザの日

11月20日は「ピザの日」。
ピザ業界の発展を目指して結成されたピザ協議会が、ピザの美味しさやバランスのとれた栄養食としての魅力をさらに多くの人に知ってもらうのを目的として、この日を「ピザの日」と制定しました。
日付はピザの原型といわれる「ピッツァ・マルゲリータ」の名前の由来となったイタリアのマルゲリータ王妃の誕生から。
1889年にイタリアのナポリを訪れた王妃はピザ職人からトマトの赤、バジルの緑、モッツァレラの白のイタリア国旗の色を模したピザが贈られました。
王妃はこれを大変気に入ってその名を冠するピザが誕生したそうです。

弊社で取り扱うルサッフルのパン酵母の中でロングセラーの一つでもある、ピザインスタントドライイーストがあるのをご存じですか?
ルサッフルと言うとパンのイメージがありますが、ピザ専用のイーストがあるんです。
ご愛用ユーザー様も多く、隠れた人気商品の一つです。

☞ルサッフルのピザインスタント ドライイーストの詳細はこちらから

 

▼フランスパンの日

11月28日は「フランスパンの日」。
たくさんの人においしいフランスパンを食べてもらいたい。
そんな職人の想いから11月28日を「いいフランスパン」と読み、弊社も会員として関わっている日本フランスパン友の会が、この日を「フランスパンの日」として制定しました。

毎年この日を記念し、記念イベント開催しておりますが、コロナ禍の影響もあり今年の開催は未定です。
イベントの開催の有無に関係なく、この日にお店で販売しているフランスパンをPRしてみませんか。

☞過去に開催されたフランスパン日のイベント情報はこちらから

 

12月の記念日


12月の記念日で企画する際におすすめしたい記念日をご紹介します。

▼コッペパンの日

12月10日は「コッペパンの日」。
日本で初めてパン酵母による製パン技術を開発した田辺玄平翁を始祖とする全日本丸十パン商工業協同組合が、この日を「コッペパンの日」と制定しました。
玄平翁はアメリカで学び、1913年(大正2年)に帰国、東京下谷でパン屋を創業し、パン酵母を使用してふっくらとした美味しいパン(コッペパンの元祖)を焼き上げました。
2013年(平成25年)で玄平翁が創業してから100周年となることから、丸十のコッペパンをより多くの人に知ってもらうのが目的として、この日になったそうです。
日付は丸十の「十」にちなんで毎月10日を「コッペパンの日」としました。

最近では、コッペパンに様々なフィリングを使い華やかな商品が増えてきましたね。
そのフィリングにおすすめなのが、DLAのフルーツフィリング、そして簡単にカスタードクリームが製造できる
デリスインスタントがおすすめです!
インスタ映えコッペにいかがですか?

☞DLAナチュラルズのフルーツフィリングの商品詳細はこちらから
☞CSMのデリスインスタントの商品詳細はこちらから

 

▼年賀はがき引き受け開始の日

12月15日は「年賀はがき引き受け開始の日」。
全国の郵便局では、この日から年賀はがきの引き受けを開始します。

まだまだクリスマスに向けて忙しい時季ですが、年末年始は、お年賀用のお菓子の需要が伸びる重要な時季。
この記念日を意識して、年末年始の商戦に向けて商品を準備しませんか。

そんな時に本マガジンページで紹介しているお菓子のレシピ参考にしてください。

☞お菓子のレシピはこちらから

 

皆さん今回ご紹介した記念日はご存じでしたか?
記念日を活用して商品を企画販売する際は、事前にSNSや店頭のチラシやPOPなどでPRしておくとよりお客様に
周知できると思います。

今回ご紹介した記念日を参考に、企画を考える際にご活用ください。

近日中に1月~3月におすすめの記念日特集の記事も配信予定ですので、乞うご期待です。

そして弊社が運営する公式Facebookページ・アプリでは、8月から弊社が取り扱うラ ローズ ノワールの商品を使った
季節提案記事を毎月1回配信中!

Facebookページフォロー、アプリのダウンロードもぜひお願いします。

ページ先頭へ戻る